CASE03

自社で新たに開発した
製品について何か権利を
取りたいのですが…

case03

C3 c3

自社で新たに開発した
製品について、何か権利を
取得できないでしょうか?

Answer

新たな事業に係る製品が、新しく独自性があれば、それを実現するための技術について、特許権、あるいは実用新案権を取得できる可能性があります。
一方、特許権や実用新案権を取得する場合には、その代償として技術の細かな内容が公開されることになります。従って、技術の内容や製品の特性によっては、権利の取得が可能なものであってもあえて権利を取得せず、ノウハウとして秘匿しておいた方が良いものもあります。
また、特許権や実用新案権を取得するための手続き(出願)は、原則として、販売や宣伝等により製品やそこに含まれる技術の内容を公開するよりも前に行うことが必要です。ご注意ください。

弁理士は、特許権や実用新案権を含む知的財産権に係る専門家です。お気軽にご相談下さい。

日本弁理士会からの
お知らせ

  • 日本弁理士会では、知的財産相談室を常設しております。お気軽にご利用下さい。
  • 日本弁理士会のHP内の「弁理士をさがす(弁理士ナビ)」で、地域、相談内容、専門分野に合わせて、ご希望の弁理士を探すことができます。
    ぜひご利用下さい。
  • 日本弁理士会では、スタートアップ・中小企業の皆様を支援するための様々なメニューをご用意しております。ぜひご利用下さい。

※注 上記の説明は、分かりやすさを重視しており、法律用語として必ずしも正確でない部分もあります。

  • まずは無料相談 知的財産無料相談会

    日本弁理士会では無料の知的財産相談室を常設しています。特許・実用新案・意匠・商標はもちろん、警告を受けた場合の対応、他社に模倣された場合の対応など、知的財産全般について弁理士が無料で相談に応じます。

  • 弁理士をさがす 弁理士ナビ

    お近くの特許事務所、弁理士を検索できます。各弁理士が得意とする法律領域、技術分野も掲載していますので、ぴったりの弁理士を探すことができます。