知的財産権とは

人間の知的活動によって生み出されたアイデアや創作物などには、 財産的な価値を持つものがあります。 そうしたものを総称して「知的財産」と呼びます。 知的財産の中には特許権や実用新案権など、 法律で規定された権利や法律上保護される利益に係る権利として保護されるものがあります。 それらの権利は「知的財産権」と呼ばれます。 主な知的財産権には以下のものがあります。

知的財産権の種類

特許権

保護対象 保護期間 出願方法
保護対象 発明と呼ばれる比較的程度の高い新しい技術的アイデア(発明)を保護します。「物」の発明、「方法」の発明及び「物の生産方法」の発明の3つのタイプがあります。 特許(発明)
・カメラの自動焦点合わせ機能
・長寿命の充電池
保護期間 出願から20年
医薬品等については最長25年まで延長できる場合があります。
出願方法 願書とともにその技術内容を詳しく説明した明細書・図面を作成し、特許庁に出願手続を行います。

実用新案権

保護対象 保護期間 出願方法
保護対象 発明ほど高度な技術的アイデアではなく、言い換えれば小発明と呼ばれる考案を保護します。 実用新案(考案)
・日用品の構造の工夫
保護期間 出願から10年 出願方法 願書とともにその技術内容を詳しく説明した明細書・図面を作成し、特許庁に出願手続を行います。

意匠権

保護対象 保護期間 出願方法
保護対象 物や建築物、画像のデザイン(意匠)を保護します。また、デザインの一部を部分的に保護することも可能です。 意匠(デザイン)
・パソコンやオーディオなどの家電製品の外観

・住宅やレストランの外観や内装

・アプリのアイコン画像やウェブサイトの画像
保護期間 出願日から25年(2020年3月31日以前の出願は登録から20年) 出願方法 願書とともに意匠図面を作成し、特許庁に出願手続を行います。

商標権

保護対象 保護期間 出願方法
保護対象 自分が取り扱う商品やサービスと、他人が取り扱う商品やサービスとを区別するための文字やマーク等を保護します。 商標(マーク)
・会社や商品のロゴ
・宅配便などのトラックについているマーク
保護期間 登録から10年(10年毎に更新することができます。) 出願方法 願書とともに商標見本を作成し、特許庁に出願手続を行います。

著作権

保護対象 保護期間
保護対象 文芸、学術、美術、音楽の範囲において、作者の思想や感情が創作的に表現された著作物を保護します。
コンピュータプログラムも含みます。
著作権
・書籍、雑誌の文章、絵など
・美術、音楽、論文など
・コンピュータプログラム
保護期間 原則として、創作時から 著作者の死後70年(法人著作は公表後70年)

不正競争の防止

保護対象
保護対象

営業の自由の保障の下で自由競争が行われる取引社会を前提に、経済活動を行う事業者間の競争が自由競争の範囲を逸脱して濫用的に行われ、または社会全体の公正な競争秩序を破壊するものである場合に、これを不正競争に該当するものとして防止します。

不正競争の防止

・他人の周知な商品等表示を使用して、自己の商品・営業を他人の商品・営業と混同させる行為

・他人の商品の形態を模倣した商品を譲渡等する行為

・ドメイン名の不正取得など
営業秘密戦略についてのコラムはこちら

育成者権

保護対象 保護期間 出願方法
保護対象 植物の新品種を保護します。 植物の新品種
・いちごの新品種
・いんげん豆の新品種
保護期間 登録から25年(樹木30年) 保護期間 願書とともに出願品種の特性等を記載した「説明書」及び「植物体」の写真等を添付し、農林水産省知的財産課に出願手続を行います。


地理的表示法

保護対象 保護期間 出願方法
保護対象 伝統的な製法や気候・風土・土壌などの生産地の特性と結びつきのある確立した品質等の特性を持った産品の名称を保護します。 あおもりカシス(登録番号第1号)など99産品が登録(令和2年8月19日現在) 保護期間 保護期間:更新手続なし(取り消されない限り登録存続)
出典:下記資料の7ページ

地方の農産物のブランド支援に向けた連携強化について
〈特許庁WEBサイト上コンテンツへのリンク〉
申請方法 生産業者を構成員とする団体(生産者団体)が、その生産する産品の名称を「地理的表示」として、申請書と添付書類(明細書、生産行程管理業務規程等)を作成し、農林水産大臣に登録申請を行います。


回路配置利用権

保護対象 保護期間
保護対象 独自に開発された半導体チップの回路配置を保護します。 半導体 集積回路配置
・半導体集積回路の回路配置
保護期間 登録から10年

商号

保護対象
保護対象 商人が自己を表示するために使用する名称であり、会社の場合には社名が商号となります。 商号
・○○株式会社など

知的財産権の活用

標準化

内容
内容

公的な国際組織または国内組織、業界団体等による取り決めが、ISO等の国際標準やJIS等の国内規格の標準となります。

・QRコード

・Blu-ray Disc

・家事代行サービス

  • まずは無料相談 知的財産無料相談会

    日本弁理士会では無料の知的財産相談室を常設しています。特許・実用新案・意匠・商標はもちろん、警告を受けた場合の対応、他社に模倣された場合の対応など、知的財産全般について弁理士が無料で相談に応じます。

  • 弁理士をさがす 弁理士ナビ

    お近くの特許事務所、弁理士を検索できます。各弁理士が得意とする法律領域、技術分野も掲載していますので、ぴったりの弁理士を探すことができます。