よくあるご質問

「出願の仕方がわからない」「特許と実用新案の違いは?」など、
無料相談会に寄せられた相談のなかから
「特許出願」に関するよくあるご質問をQ&A形式で掲載しています

Question

  • Q1

    技術的なアイデアを保護するにはどうしたらよいでしょうか?

    詳細はこちら
  • Q2

    どのような発明が特許になるのでしょうか?

    詳細はこちら
  • Q3

    実用新案について教えてください

    詳細はこちら
  • Q4

    先行技術を調査するにはどうしたらよいでしょうか?

    詳細はこちら
  • Q5

    既に発表してしまった発明はもう権利化はできないのでしょうか?

    詳細はこちら
  • Q6

    出願に必要な費用はどのくらいでしょうか?

    詳細はこちら
  • Q7

    どのようにして特許出願したらよいでしょうか?

    詳細はこちら
  • Q8-1

    出願書類(特許)の書き方について(その1)
    -特許出願における明細書、特許請求の範囲の書き方について簡単に説明してください

    詳細はこちら
  • Q8-2

    出願書類(特許)の書き方について(その2)
    -明細書の書き方についてもう少し詳しく説明してください。

    詳細はこちら
  • Q8-3

    出願書類(特許)の書き方について(その3)
    -特許請求の範囲の書き方についてもう少し詳しく説明してください。

    詳細はこちら
  • Q9

    既に他人から同一の発明が出願されていた場合どう対処すべきでしょうか?

    詳細はこちら
  • Q10

    出願した後に、特許庁から方式指令が送られてきた場合の対処方法を教えてください

    詳細はこちら
  • Q11

    出願した発明を早く特許にしたいのですが、方法はありますか?

    詳細はこちら
  • まずは無料相談 知的財産無料相談会

    日本弁理士会では無料の知的財産相談室を常設しています。特許・実用新案・意匠・商標はもちろん、警告を受けた場合の対応、他社に模倣された場合の対応など、知的財産全般について弁理士が無料で相談に応じます。

  • 弁理士をさがす 弁理士ナビ

    お近くの特許事務所、弁理士を検索できます。各弁理士が得意とする法律領域、技術分野も掲載していますので、ぴったりの弁理士を探すことができます。