ホーム > 弁理士に依頼するには > 相談の前に(よくある質問) > Q8-3.出願書類(特許)の書き方についてその3) -特許請求の範囲の書き方についてもう少し詳しく説明して下さ い。

Q8-3.出願書類(特許)の書き方についてその3) -特許請求の範囲の書き方についてもう少し詳しく説明して下さ い。

Q
Q8-3.出願書類(特許)の書き方についてその3)
-特許請求の範囲の書き方についてもう少し詳しく説明して下さい。
A

特許請求の範囲は、出願人が特許権として保護して欲しいとする技術的内容を記載するものであることは前に説明したとおりです。ですから、技術的内容を私の権利としてはこういう技術的特徴をもつものですとか、このような機械的な構造をもつものですなど、出願する発明を自分で規定するとしたらどういう規定の仕方になるのかをよく考えなければなりません。

 先ほど(A8-1) の、落としても割れない茶碗を粘土から作ったとしますと、この特許請求の範囲に「落としても割れない茶碗」などと書きたくなるようですが、従来より知られ ている、金属製の茶碗や、プラスチック製の茶碗、木製の茶碗なども落としても割れませんから、「落としても割れない茶碗」などと書いても特許として認められません。従来のプラスチック製の茶碗とか木製の茶碗と同じであるとして、審査官により拒絶されてしまいます。

 従来の割れない茶碗と区別がつく記載としなければなりません。ですから、粘土組成とか添加物の添加量などで発明を規定することになります。
 この特許請求の範囲の書き方は非常にむずかしく、規定する要件を過不足なく書くことが必要ですし、単なる願望などを書いても記載不備として拒絶の理由になってしまいます。

 できるだけ専門家である弁理士に出願を依頼するか、相談した方がいいと思います。審査官から拒絶理由通知をもらってどうしようもなくなって弁理士に依頼しても、登録要件を満たしているかどうかは元の記載が基準となり、後から説明を追加したり、内容を変更したりできないからです。