CHAPTER 1

アイデアをビジネスにするなら 絶対に押さえておきたい
知財のこと

知っていますか?

ビジネスが加速する!
アイデアを守る知的財産権

  1. 特許権

    「発明」と言われるような新しい技術やアイデアを保護して利益を守ります。

  2. 実用新案権

    「物の形状」や「構造」「組合せ」などのアイデアを守ります。実質無審査でスピーディに権利の取得が可能!

  3. 意匠権

    形状や模様などデザインを保護します。

  4. 商標権

    会社や商品、サービスの「マーク」や「ネーミング」を守ります。

  • 社長!新しいアイデアが生まれたらまずは他人の権利を侵害していないかを確認しなくちゃ!せっかくの発明も二番煎じになっちゃいますよ!

  • うぅ…今度こそオンリーワンだと思ったのに…

  • 朱肉要らずのハンコの存在を知らないなんて社長くらいですよ…。知的財産権は自分の発明を守る大切な権利です、新しい発明やアイデアが盗まれないようにしてくれるんですよ。

  • なんだか発明より難しいなぁ…

  • 困ったら知財のプロ・弁理士に相談するのがいいですよ!

知財(知的財産)とは?

新しく生み出されたアイデアや創作物などには、利益を生む可能性=財産的な価値を持つものがあり、それらを総称して「知的財産」と呼びます。知的財産の中には法律で規定された権利や法律上保護される利益に係る権利として保護できるものがあり、それらの権利を「知的財産権」と呼びます。
知的財産権には「特許権」「実用新案権」「意匠権」「商標権」など、知財の特性に合わせた権利があります。センジが主張していたのは「特許権」ですが、既に世に出回っているアイデアだったので、今回は出願しませんでした。

「知的財産権」についての詳しい情報はこちら!(https://www.jpaa.or.jp/intellectual-property/

知的財産の種類

  • 特許

  • 実用新案

  • 意匠

  • 商標

  • 著作物

  • 不正競争の防止

  • 植物の新品種

  • 地理的表示

  • 半導体の
    集積回路配置

  • 商号

CHAPTER 2

アイデアを守る!権利の侵害を回避! 知財のプロ・
弁理士とは何ぞ?

国家資格・弁理士

アイデアを思いついたら相談する相手って、なんだっけ、なんとか氏…

弁理士です!知的財産の専門家で、弁護士や税理士、司法書士と同じ国家資格なんですよ!

こんなときは弁理士

特許権や実用新案権、意匠権、商標権などの知的財産権を取得するには、専門的な法律の知識が不可欠。それらの専門知識に基づいて特許庁への出願手続きを行い、権利取得できるようにするのが弁理士の仕事です。
知的財産権の取得以外にも、自社製品を模倣されたときの対策、他社の権利を侵害していないか等の相談など、知的財産全般の相談、コンサルティングも行っています。
また知的財産権の侵害に関する訴訟を受けた場合の補佐人、又は一定要件のもとで弁護士と共同で訴訟代理人として裁判に参加することもあります。

弁理士についての詳細はこちら(https://www.jpaa.or.jp/patent-attorney/

こんなときは弁理士に相談!

  • 発明をした
  • アイデアが
    生まれた
  • ロゴやマークを作った
  • デザインを
    考えた
  • 音楽や文章を
    生み出した
CHAPTER 3

ヒット商品を支える! 知的財産権と
弁理士の仕事

知っていますか?

過去の事例や知財の専門知識で
ビジネスをサポート

  • センジ社長っていつから発明してるんですか?

  • そりゃあもちろん物心ついた頃には発明家として…、と言いたいところだけどね、これには深〜い理由があって…

  • 話が長くなりそうなので社長の過去のお話は置いといて。新しい発明やアイデアを最大限に生かすには、早めに弁理士に相談するのがおすすめですよ。

  • 作る前でもいいの?

  • もちろんです!大切なのはアイデアが守られること。知的財産権に支えられているヒット商品はいっぱいあるんですよ!

ヒット商品と知的財産権の支え

ヒット商品が生まれる要因としてはもちろん商品の優位性が第一ですが、そのアイデアを盗用されないために「知的財産権」が重要な役割を担っています。知的財産権は発明やアイデアを保護するための権利。誰もが知っているような大ヒット商品と知的財産権の関係は、時にスリリングなドラマを生み出すこともあるんです。(https://www.jpaa.or.jp/webbook/r1hit/#target/page_no=1