• 意匠事例

    機能を重視して生まれた革命的マスク

    超立体マスク

    「ユニ・チャーム超立体マスク」は、マスクの概念を一変させた。従来の平面構造を立体構造にしたのが最大の特徴だ。これにより顔にぴったりフィットするだけでなく、マスクと口の間に空間が生まれ、息苦しくない。

    全文を読む
  • 実用新案事例

    ハンコ社会の必需品

    Xスタンパー

    日本は「ハンコ社会」である。役所に対する申請書から会社の残業届、書留郵便や宅急便の受け取り、果ては町内会の回覧板までハンコを使う。このような社会ニーズに応えて、職場や家庭で「必需品」扱いされているのが、スタンプ台や朱肉の要らないシヤチハタ株式会社の浸透印「Xスタンパー」である。

    全文を読む
  • 特許事例

    真冬にアイスクリーム!?逆転の発想で開発された。

    雪見だいふく

    「アイスクリームは夏だけのものではない。あたたかい部屋で外の雪景色を見ながら食べるようなアイスクリームもきっと需要があるはずだ。」そんな逆転の発想で開発されたのが、ロッテの「雪見だいふく」である。

    全文を読む

こんなときは弁理士にご相談

知的財産について学ぼう

日本弁理士会は知財教育を支援しています。

学校教材 講師派遣

弁理士になるには

弁理士になるには弁理士試験に合格し、
実務修習を修了する必要があります。

実務修習について
  • 日本弁理士政治連盟
  • 日本知的財産仲裁センター
  • 国家公務員倫理審査会
  • やわらか成長戦略
  • 日本弁理士協同組合
  • 求人情報
  • 弁理士とのトラブル相談窓口
  • 知財110番
  • 法改正情報
  • 震災復興支援
  • 知財ビジネスアカデミー
  • 弁理士知財キャラバン
  • 意匠リンク
  • 著作権リンク
  • 学校関係者の方へ
  • はっぴょんが知的財産について
  • patやってみた!
  • 日本弁理士ラジオ番組