ホーム > 弁理士に依頼するには > 相談の前に(よくある質問) > Q2.どのような発明が特許になるのでしょうか?

Q2.どのような発明が特許になるのでしょうか?

Q
Q2.どのような発明が特許になるのでしょうか?
A

発明が特許されるためには、特許庁に対して特許出願をして特許してくれるように要求する必要があります。同時に、法律で規定された要件(登録要件)を満たしていることが条件となります。
 特許されるためには主に以下の登録要件を備えている必要があります。

1)保護されるべき発明であること。
2)他人に知られていない(秘密状態である)こと。
3)すでに知られているものから容易に発明できたものでないこと。
4)他人より先に特許庁に出願すること。

以下順次説明します。

1)保護されるべき発明であること。

 保護されるべき発明であるためには、「自然法則を利用し、産業上利用することができる技術的思想の創作」という要件を備えている必要があります。

2)他人に知られていない(秘密状態である)こと。

 発明が他人に知られていない(秘密状態である)ことを法律では「新規性」といいます。特許法は、優れた発明を他人に公開することの代償として一定期間独占権を与えることを基本としていますので、すでに公開されている発明を保護する必要は無いからです。
 従って、第三者に説明してしまったものや製品化して販売してしまったもの、新聞や雑誌に掲載してしまったもの、インターネットのホームページに掲載してしまったもの等はもはや権利化できません。これは外国でのみ行われても同じです。
 なお、学術学会で発表した場合や公共的な一定の博覧会にのみ出品した場合には権利化できる可能性があります。
 弁理士は相談内容を秘密にしておく義務がありますので、弁理士によく事情を説明して相談しても問題ありません。

3)すでに知られているものから容易に発明できたものでないこと。

 他人に知られていない新しい発明であっても、従来の技術から(従来知られていた発明から)容易に考えられる程度の発明は進歩性を有しないとして特許されません。誰もが簡単に成し得る発明に独占権を与えては、かえって弊害の方が大きくなるからです。
 ただし、画期的な発明である必要はなく、当然に予想される以上の作用効果が得られる場合などは進歩性が認められます。従来のもののちょっとした改良で あっても、それによって非常に便利になったというような点があれば進歩性を有すると判断される可能性があります。この点、あまり難しく考える必要はありま せん。

4)他人より先に特許庁に出願していること

 先に特許庁に所定の様式に従った特許出願をして、発明を公開する意思を最初に表明した人にのみ特許権が与えられます。これを先願主義といいます。
 その他では、原則として真正に発明をした人を発明者として出願する必要があり、資金援助をしただけの人等は発明者となれません。特許出願を発明者以外の人がする場合には発明者の承諾が必要です。
 特許出願は、特許庁で定めた規則に従った様式で行う必要があり、特許庁は出願人から審査請求がなされると登録要件を備えているかを審査した後に特許します。特許されると特許された発明を独占的に使用できます。権利期間は原則として出願から20年です(特許庁ホームページ>出願から審査、審判、登録まで(権利を取得するには(概要))>特許権を取るための手続参照)。