ホーム > 未分類 > PATやってみた!第8回「株式会社東洋高圧」

PATやってみた!第8回「株式会社東洋高圧」

第8回 高圧で食材をエキス化する装置

広島県の株式会社東洋高圧が開発した超高圧加工処理装置「まるごとエキス」は、10,000mの深さに相当する圧力と酵素の力によって食材をエキス化する。これまで10,000mの水圧となれば、大がかりな装置が必要だったが、小型化したことで取り扱いが容易になり、現在はサプリメントや化粧品を中心に使われている。

株式会社東洋高圧のまるごとエキスは、従来は大がかりであった水深10,000mの圧力をかける装置を小型化したことと、高圧下で酵素を浸透させて材料の分解を促進させることが特徴。これにより、場所も取らず、短時間で材料がエキス化できるんです。

今回はまるごとエキスでエキス化したカキ(牡蠣)を使って、料理のプロによって新たな日本料理を創作することにチャレンジした。果たしてどのような一品ができあがったのか?!

動画後半のインフォメーションコーナー「ハッケンはっぴょん!」では、成功例(ヒット商品)について紹介しています。
過去の放映一覧に戻る
【PATやってみた!第8回全編】

【インフォメーションコーナー「ハッケンはっぴょん!」】

過去の放映一覧に戻る