ホーム > 過去の情報 > 2016年のTOPICS > 平成28年熊本地震についての会長声明(第2報)

平成28年熊本地震についての会長声明(第2報)

 

日本弁理士会
会長 伊丹 勝

4月14日の熊本県熊本地域を震源とする地震に続き、16日未明同地域を震源とするマグニチュード7.3、最大震度6強の大地震が起こり、熊本県・大分県を中心に甚大な被害が発生しています。

多数の死者・負傷者が出ていることは誠に残念であり、被災された方々及びお亡くなりになられた方々には衷心よりお見舞い申し上げますとともに、ご冥福をお祈り申し上げます。

被災された方の救援と支援が速やかに行われますことを期待いたします。
また、この大惨事にあたり、当会としても微力ながら支援活動に尽力してまいりたいと存じます。

当会は、災害対策本部を設置し、被災された会員の状況把握に努めております。現在、九州地区の会員に対し安否確認を行っており、今後も安否確認に努めてまいります。