ホーム > 過去の情報 > 2006年のTOPICS > 中小・ベンチャー企業のための模倣品輸入差止セミナー

中小・ベンチャー企業のための模倣品輸入差止セミナー

日本理士会
中小・ベンチャー企業のための模倣品輸入差止セミナー

 海賊版・模倣品による国内企業の被害は大きく、水際による差止対応策を十分に講じているとは言えません。プラズマディスプレイ事件を通して輸入差止制度が注目を集めましたが、制度の利用まで周知されていません。そこで、中小・ベンチャー企業にとって簡便で安価な輸入差止制度の利用策についてのセミナーを下記のとおり開催いたします。
日時 平成18年3月20日(月) 13:00~16:00
会場 弁理士会館 3階会議室
※会場では税関で輸入を差止められた模倣品を展示いたします。
プログラム ページ下部のプログラムをご覧下さい。
定員 150名
※なお、定員150名に達した場合は、お断りする場合がございます。
予めご了承下さい。
参加料 無料
お申込方法 参加申込書(PDF形式)を印刷、必要事項をご記入の上、ファクシミリでご送信下さい。
申込締切 平成18年3月13日(月)
クリックで拡大します●本件に関するお問い合わせ・お申込先
日本弁理士会 業務部 業務国際課
〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-4-2
電話(03)3519-2703 FAX(03)3581-1205
e-MAIL:LDM04005@nifty.com

●協賛
財団法人日本関税協会知的財産情報センター(CIPIC)
●後援
特許庁・独立行政法人中小企業基盤整備機構・財団法人東京都中小企業振興公社・財団法人埼玉県中小企業振興公社・東京商工会議所(予定)

■プログラム
司会 日本弁理士会水際対応委員会副委員長 村田 実
13:00~13:15 開会 日本弁理士会副会長  丸山 英一
挨拶 日本弁理士会 会長   佐藤 辰彦
13:15~13:45 講演
「輸入差止めの現状」 東京税関業務部長  河野 泰一氏他
13:45~14:15 「差止申立書の作成の仕方」
(財)日本関税協会知的財産情報センター(CIPIC) 内藤 敏雄氏・金子 清治氏
14:15~14:30 休憩
14:30~15:30 エンターテイメントセミナー(演劇仕立て)
※講演に代わる場合があります
「中小・ベンチャー企業による水際対応取締りの実際」
(ゴルフクラブ事件)
ナレーター: 水際対応委員会委員長 吉田 芳春
出演者: 副委員長 村田 実、宮永 栄
委員 秋篠 浩二、川崎 典子、三上 敬史
伊藤 信和、舟橋 榮子、他
(財)日本関税協会知的財産情報センター(CIPIC) 内藤 敏雄氏
15:30~16:00 質疑応答およびパンフレット等の説明
閉会