ホーム > とっきょ探偵団 > みんなの生活と知的財産との関わり

みんなの生活と知的財産との関わり

みんなの生活と知的財産との関わり

知的財産ちてきざいさんって、何ですか?

知的財産とは、人がマネしないように守られている価値かちのある情報のことです。たとえば、わたしたちの生活を豊かにするような新しい技術やアイデア、わたしたちの気持ちを豊かにしてくれる音楽や小説などは、知的財産です。また、商品の名前や産地なども、長い間使っていると信用という価値がうまれてくるので、知的財産にふくまれます。

知的財産は、価値があるけどかくしておくのがむずかしいので、他人にマネされやすいものです。みなさんも自分のアイデアなどを人にマネされたり、本物と同じ名前の偽物にせものに出会ったりすることがあるかもしれません。このような人マネや偽物はフェアでなく、情報の価値をぬすむことと同じです。ほうっておくと、だれも新しいものをつくりだそうと思わなくなるかもしれません。

そこで、新しい技術や音楽、小説、商品の名称めいしょうや産地などの情報について、知的財産として一定期間、人がマネしないように禁止しているのです。このような知的財産のマネを禁止する制度を知的財産制度といいます。

知的財産制度には、どんなものがありますか?

知的財産制度には、著作権制度ちょさくけんせいど特許制度とっきょせいど商標制度しょうひょうせいどなどがあります。著作権制度は、音楽や絵、小説のよう著作物ちょさくぶつを保護する制度です。みなさんのつくった絵や小説も、人のマネではなく自分でつくったのであれば著作物です。これに対し特許とっきょ制度は、最初につくりだされた発明はつめいを保護する制度です。たとえ自分でつくったものでも、すでに同じ発明はつめいや似た発明はつめいがある場合は保護されません。特許制度とっきょせいどは、最初に発明はつめいした人だけがその発明はつめい独占どくせんできるので、とくにビジネスでは大切にされています。商標制度しょうひょうせいどは、商品の名前などを保護する制度です。

知的財産は、わたしたちの生活と関係があるの?

みなさんのまわりには、昔にはなかった新しい発明はつめいや著作物がたくさんあります。お父さんやお母さんの子ども時代には、インターネットや携帯電話けいたいでんわはもちろん、パソコンなどの発明はつめいはありませんでした。また、みなさんのお気に入りの音楽や本、アニメーションなども、昔のものとはちがう新しいものがあるでしょう。わたしたちの生活は、いままでにない発明はつめいがつくり出されることで便利になり、さまざまな音楽や本などがあることによって楽しく豊かになっていくのです。知的財産は、ビジネスだけでなく、わたしたちの社会を豊かにするために大切なものなのです。

ぼくたちも、知的財産をつくりだすことができますか?

もちろんできます。わたしたちの社会は、いままでの人がつくりだした知的財産の蓄積ちくせき
により豊かになってきたのです。これからは、みなさんたちが新しい発明はつめいや著作物をつくりだす番です。みなさんがつくりだす発明はつめいや著作物によって、21世紀の世の中はもっと豊かになっていくでしょう。

へぇ~。知的財産は、ぼくたちの身近にあり、実は、こんな所にも関係しているだぁ~。