弁理士登録申請について

弁理士の登録を受けようとする方は、日本弁理士会に登録申請書及び必要書類を提出しなければなりません(弁理士法第18条)。

1. 登録申請について

登録をお考えの方は、はじめに以下の手引きを必ずご一読ください。

弁理士登録申請の手引き

2. 登録申請に必要な書類について 

作成書類

① 弁理士登録申請書・届出書入力フォーム

※利用環境等について

OS:Windows10及びMacOS10 以上
ブラウザ:Chrome / Firefox / Safari(Macのみ) / Edge の最新バージョン

【注意】
・作成フォームで「弁理士登録申請書」を作成しただけでは申請したことになりません。
・印刷した「弁理士登録申請書」に署名押印し、必要書類とともに日本弁理士会会員課宛に提出してください。
・作成フォームは途中保存ができませんので、お時間の余裕があるときにご利用ください。

取寄せ書類

  • ⑧ 住民票 (居住地の市区町村で発行) ※マイナンバーの記載がないもの。記載がある場合、受付できません。
  • ⑨ 弁理士となる資格を証する書面
  • ⑩ 身分証明書 (本籍地の市区町村で発行)

※各書類の詳細については「弁理士登録申請の手引き」(1.参照)を確認ください。

申請の手引き及び上記作成書類(①~⑦ ※⑦については納付書類)を紙面でお求めの方は、郵送で取り寄せすることが可能です。事務局会員課(5.参照)宛てに、ご自身の住所・氏名記載した以下に記載の返信用封筒を用意し、「弁理士登録申請書類送付希望」と朱書きした封筒に入れご郵送ください。

書類一式(手引き+①~⑦)をお求めの場合 : 210円分の切手を貼付した A4書類が入る定形外封筒

登録免許税納付書類(⑦)のみお求めの場合 : 84円分の切手を貼付した長形3号(長3)の定形封筒

3. 登録に係る費用について

登録免許税

60,000円を、麹町税務署にお納めください。

登録免許税の納付について

事務局会員課にて、必要事項が印字された納付書の綴りを用意していますので、以下記入例を参照の上、登録申請前に60,000円を麹町税務署に納付し、領収日付印の押された領収証書(原本)を登録申請書・届出書に貼付してください。

※銀行に設置されている納付書を利用する場合は、ご自身で必要事項を記入して下さい。
※国税を収納することができる金融機関であれば銀行等や郵便局でも納付できますが、税務署で納付する場合は必ず麹町税務署に納付してください。

【記入例】

登録免許税の納付について

登録料・会費

50,800円 (登録料35,800円、登録月の会費 15,000円)を、申請前に手引きに記載の銀行口座へ振込にてお支払ください。

※申請フォームを使用して銀行振込される際は、印刷された申請書右上記載の「申請番号」と「振込人名」を 併記ください。

4. 書類の提出方法について

原則、郵送ご提出ください。

特別な事情が無い限り、事務局への来会による提出はご遠慮ください。

 

申請書類は書留または特定記録郵便で送付してください。

封筒表書きには「弁理士登録申請書類」と朱書きしてください。

 

提出先⇒日本弁理士会会員課宛て
※「5. 書類の提出先・問合せ先について」参照

5. 書類の提出先・問合せ先について

〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-6 東京倶楽部ビル14階 日本弁理士会

会員課

TEL : 03-3519-2716
E-mail : touroku@jpaa.or.jp ※@は半角に書き換えてください


会計課 (会費に関すること)

TEL : 03-3519-2702
E-mail : kaihi@jpaa.or.jp ※@は半角に書き換えてください

※お願い※
 新型コロナウイルス感染症の感染状況を踏まえ、日本弁理士会の事務局職員の 執務体制について、テレワークの実施により出勤者数を削減した勤務体制としております。
 東京倶楽部ビルの窓口業務及び電話応答時間は、9時から17時までとしており、 お問合せには、できるだけ電子メールをご利用くださいますよう、お願いいたします。
 また、書類の提出につきましては、可能な範囲で郵便等のご利用をお願いいたします。 ご不便をおかけしますが、ご理解、ご協力の程お願いいたします。

  • まずは無料相談 知的財産無料相談会

    日本弁理士会では無料の知的財産相談室を常設しています。特許・実用新案・意匠・商標はもちろん、警告を受けた場合の対応、他社に模倣された場合の対応など、知的財産全般について弁理士が無料で相談に応じます。

  • 弁理士をさがす 弁理士ナビ

    お近くの特許事務所、弁理士を検索できます。各弁理士が得意とする法律領域、技術分野も掲載していますので、ぴったりの弁理士を探すことができます。