中小企業の方へ 会社の強い味方「知的財産権」 ご存じですか?

  • 特許権とは 特許権は発明を保護する権利です。発明とは、自然法則を利用した技術的思想のうち、高度のものを言います。
    特許権を取得すると、その発明を独占して実施することができ、他社に模倣されるのを防ぐことができます。 詳細はこちら 01
  • 実用新案権とは 実用新案権は、物品の形状、構造、組み合わせについての技術的アイデアを保護する権利です。
    特許権と異なり、高度であることを必要としません。特許権とおなじように、他社の無断実施を防ぐことができます。 詳細はこちら 02
  • 意匠権とは 物品の特徴的なデザインに対して与えられる権利です。
    意匠権として保護されるのは、物品全体のデザインの他、部分的に特徴があるデザインなども保護対象になります。意匠権を取得すると、同じデザインや類似するデザインの製品を他社が販売するのを防ぐことができます。 詳細はこちら 03
  • 商標権とは 商品やサービスに使用する商標に対して与えられる権利です。商標権の効力は、指定した商品と同一の商品・サービスや類似した商品・サービスについて同一・類似の商標に及びます。
    自社の商品やサービスについて商標権を取得することで、同じ商標を他社に使われるのを防ぐことができます。 詳細はこちら 04

自社の技術やデザイン、商標を守るには?

技術的なアイデアやデザイン、商標等の知的財産は、容易に模倣や盗用されます。これらの知的財産は、原則として、そのままでは全く保護されていない状態です。知的財産を保護するためには、上述した知的財産権(特許権、実用新案権、意匠権、商標権)を取得することが必要になります。特許権、実用新案権、意匠権、商標権は、特許庁に出願して登録されて初めてその権利が発生します。
自社の技術やデザイン、商標を守るため、出願して権利を取得しましょう。

貴社の強い味方として弁理士をご活用ください

弁理士は、知的財産に関する専門家として、出願の書類の作成から特許庁への出願、特許庁からの通知に対する応答だけでなく、競合他社の権利化阻止や、警告書が送られたきた場合の対応、模倣品を発見した場合の対応等、知的財産に関する様々な問題に対応することができます。
また、コンプライアンス意識の高まりを受けて、自社の知的財産権に対する侵害だけでなく、他社の知的財産権の侵害にもならないように、日々の業務で注意することが必要です。また、ライセンス交渉において、後日の紛争を防止するためにも契約書の作成も必要になります。このような場合には、知財顧問として弁理士に依頼することができます。
貴社の強い味方として、ぜひ弁理士をご活用ください。

弁理士に依頼するには