EPO副長官とのクオリティミーティング開催

 平成30年10月18日(木)に東京倶楽部ビルにおいて、当会の渡邉会長をはじめとするメンバーと欧州特許庁(EPO)のLutz副長官等とでクオリティミーティングを開催した。

 当日の午後には、部門長を講師とした会員向けセミナーを開催し、近年のEPOにおける審査実務の改良と組織の改革に関する積極的な取り組みについて、最新情報に基づいて解説していただいた。

 2013年に日本弁理士会の欧州訪問団がEPOを訪問して以降、毎年EPOの審査官を講師として派遣していただいており、日本の弁理士が欧州の知的財産制度に対する知識を深める貴重な機会となっている。