PATやってみた!第8回「株式会社東洋高圧」

第8回 高圧で食材をエキス化する装置


広島県の株式会社東洋高圧が開発した超高圧加工処理装置「まるごとエキス」は、10,000mの深さに相当する圧力と酵素の力によって食材をエキス化する。これまで10,000mの水圧となれば、大がかりな装置が必要だったが、小型化したことで取り扱いが容易になり、現在はサプリメントや化粧品を中心に使われている。

株式会社東洋高圧のまるごとエキスは、従来は大がかりであった水深10,000mの圧力をかける装置を小型化したことと、高圧下で酵素を浸透させて材料の分解を促進させることが特徴。これにより、場所も取らず、短時間で材料がエキス化できるんです。

今回はまるごとエキスでエキス化したカキ(牡蠣)を使って、料理のプロによって新たな日本料理を創作することにチャレンジした。果たしてどのような一品ができあがったのか?!

動画後半のインフォメーションコーナー「ハッケンはっぴょん!」では、成功例(ヒット商品)について紹介しています。

【PATやってみた!第8回全編】





【インフォメーションコーナー「ハッケンはっぴょん!」】

  • まずは無料相談 知的財産無料相談会

    日本弁理士会では無料の知的財産相談室を常設しています。特許・実用新案・意匠・商標はもちろん、警告を受けた場合の対応、他社に模倣された場合の対応など、知的財産全般について弁理士が無料で相談に応じます。

  • 弁理士をさがす 弁理士ナビ

    お近くの特許事務所、弁理士を検索できます。各弁理士が得意とする法律領域、技術分野も掲載していますので、ぴったりの弁理士を探すことができます。