6面図提出の原則の緩和について 平成14年度意匠委員会(掲載日:2003年 4月)

平成14年度産業競争力推進委員会 [2003/04/16掲載]  「六面図の提出」、これが意匠出願の基本ルールである。この求めに応じないと意匠権による保護は受けられず、そもそも登録の前提となる実体審査すらこれを受けることができない。平成14年度意匠委員会は、この基本ルールの評価を通じ、“意匠出願における図面のあり方”について議論を重ねあるべき姿を検討し た。 <目 次> 一. 報告の目的 二. 意匠の特定と6面図提出の原則 三. 平面的意匠の図面 四. 部分意匠と6面図 五. 権利範囲の明確性 六. 国際調和と意匠表現基準 七. パリ条約4条と6面図提出の原則 八. むすび 付帯的検討事項.意匠法における図面枠の適正化について 参考.新しい図面表現
  • まずは無料相談 知的財産無料相談会

    日本弁理士会では無料の知的財産相談室を常設しています。特許・実用新案・意匠・商標はもちろん、警告を受けた場合の対応、他社に模倣された場合の対応など、知的財産全般について弁理士が無料で相談に応じます。

  • 弁理士をさがす 弁理士ナビ

    お近くの特許事務所、弁理士を検索できます。各弁理士が得意とする法律領域、技術分野も掲載していますので、ぴったりの弁理士を探すことができます。