特許制度の在り方(進歩性、特許法第36条)についての研究報告(掲載日 2007年5月31日)

平成18年度特許委員会では、特許制度の在り方(進歩性、特許法第36条)についての調査研究を行い、

(1)特許制度のあり方(進歩性)の調査研究「進歩性の判断は如何にあるべきか」(“疑わしきは進歩性有り”か?等)

(2)サポート要件に関する調査研究

としてとりまとめました。

 

全文ダウンロード[PDF形式/1.21MB]

  • まずは無料相談 知的財産無料相談会

    日本弁理士会では無料の知的財産相談室を常設しています。特許・実用新案・意匠・商標はもちろん、警告を受けた場合の対応、他社に模倣された場合の対応など、知的財産全般について弁理士が無料で相談に応じます。

  • 弁理士をさがす 弁理士ナビ

    お近くの特許事務所、弁理士を検索できます。各弁理士が得意とする法律領域、技術分野も掲載していますので、ぴったりの弁理士を探すことができます。