ビジネスモデル特許の現状と課題 平成12年度ソフトウェア委員会(掲載 日:2000年2月)

平成12年度ソフトウェア委員会[2002年2月 掲載]

 本稿は日本弁理士会発行のパテント誌2000年2月号に掲載したものですが、たくさんの問い合わせがありましたので、ここに転載します。本稿に含まれる見解は日本弁理士会の公式見解ではなく、また、 特許庁の見解と相違する場合もありますので、ご了承願います。本稿の著作権は日本弁理士会ソフトウエア委員会が所有しています。

Copyright 2000 JPAA Software Committee

<目 次>

 (1)はじめに

 (2)ビジネスモデルの定義

 (3)米国の現状

 (4)欧州の現状

 (5)日本の現状

 (6)三極特許庁による仮想出願の審査比較

 (7)日本における今後の課題

 (8)最後に

PDFファイル ダウンロード(594KB)

  • まずは無料相談 知的財産無料相談会

    日本弁理士会では無料の知的財産相談室を常設しています。特許・実用新案・意匠・商標はもちろん、警告を受けた場合の対応、他社に模倣された場合の対応など、知的財産全般について弁理士が無料で相談に応じます。

  • 弁理士をさがす 弁理士ナビ

    お近くの特許事務所、弁理士を検索できます。各弁理士が得意とする法律領域、技術分野も掲載していますので、ぴったりの弁理士を探すことができます。