令和2年7月豪雨による災害について

このたびの熊本県を中心に九州や中部地方など日本各地で発生した集中豪雨による災害において、不幸にして亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災者の皆様に対し謹んでお見舞い申し上げます。

被災地では、住宅等の被害にくわえ、ライフラインも大きなダメージを受けています。また、新型コロナウイルス感染症流行下での災害のため復旧に一定の制約が伴っています。被災された皆様、災害対応のために日夜努力されている関係者の皆様のご苦労・ご心労をお察しいたしますとともに、一日も早く復旧し、安全で健康的な生活を取り戻されることをお祈り申し上げます。
特許、実用新案、意匠及び商標に関する特許庁への手続について、このたびの災害による影響を受けた方には、救済措置があります。詳しくは特許庁のホームページをご参照ください。
日本弁理士会は、知的財産の保護及び活用を通じて、被災地の復興に協力してまいります。


令和2年7月28日
日本弁理士会
会長 清水 善廣

 

※特許庁の手続期間延長に関する情報はこちらをご覧ください。

https://www.jpo.go.jp/news/koho/saigai/gou_202007_encho.html

  • まずは無料相談 知的財産無料相談会

    日本弁理士会では無料の知的財産相談室を常設しています。特許・実用新案・意匠・商標はもちろん、警告を受けた場合の対応、他社に模倣された場合の対応など、知的財産全般について弁理士が無料で相談に応じます。

  • 弁理士をさがす 弁理士ナビ

    お近くの特許事務所、弁理士を検索できます。各弁理士が得意とする法律領域、技術分野も掲載していますので、ぴったりの弁理士を探すことができます。