知財広め隊セミナー

開催地 : 香川県三豊市

申込は終了しました

ベンチャーから世界へ-斬新な発想と知財活用-



開催日 2018年11月 19日(月)15:30~17:30
会場 三豊市役所 危機管理センター2階 201会議室(香川県三豊市高瀬町下勝間2373番地1) MAP
主催 日本弁理士会四国支部、日本弁理士会
共催 香川県三豊市
対象 中小企業関係者、一般、学生、自治体など
定員 30名
テーマ 「ベンチャーから世界へ-斬新な発想と知財活用-」
講師 三宅 徹 氏(株式会社未来機械 代表取締役社長)、中井 博 氏(弁理士)、小笠原 宜紀 氏(弁理士)
概要

 日本弁理士会では、昨年度より「知財広め隊」を組織し、中小企業の経営者の方々に知的財産がビジネスに有効活用できることをご認識いただき、利用活用の促進を図ることに特化したセミナーを全国網羅的に行っています。
 本セミナーでは、企業が発展していく過程で必要なものづくりや・対外的アピールの考え方、特許などの知的財産権が果たした役割、また外部とのつながりが果たす重要性について、講演とパネルディスカッションを通じてご紹介させていただきます。
 講演後には、参加者の方々と弁理士が少人数で対話できる座談会を開催します。

 

・講演「ベンチャーから世界へ -斬新な発想と知財活用-」
  講師:三宅 徹 氏(株式会社未来機械 代表取締役社長)
・パネルディスカッション「ものづくりにおける外部専門家の活用の重要性」
  パネリスト:三宅 徹 氏(株式会社未来機械 代表取締役社長)、中井 博 氏(弁理士)
  コーディネーター:小笠原 宜紀 氏(弁理士)
・座談会



開催報告

 セミナーでは、株式会社未来機械代表取締役社長の三宅徹氏に、学生発ベンチャーから現在に至るまでの苦労や取り組みについてご講演をいただいた。その後パネルディスカッションでは、未来機械の知財の発掘や活用について、弁理士とどのように協力して進めてきたかについてご説明をいただいた。弁理士との協力関係のどのように構築していくか、また、弁理士との連携をしていくことの重要性を参加者の方にご理解いただけたことは有益であったと考える。
 交流会は複数のテーブルに参加者と弁理士が分かれて対話する形式で行われた。各テーブルでは日頃の疑問点等について積極的に議論がなされており、参加者と弁理士がお互いの考え方について共有することができたと考える。また、参加した学生から弁理士になったきっかけ等の質問があり、弁理士への関心を高めることができたのではないかと考える。



お問合せ先

日本弁理士会 事務局
経営・支援室 知財広め隊担当事務局

TEL:03-3519-2709
E-mail:chizai-hirome@jpaa.or.jp

  • まずは無料相談 知的財産無料相談会

    日本弁理士会では無料の知的財産相談室を常設しています。特許・実用新案・意匠・商標はもちろん、警告を受けた場合の対応、他社に模倣された場合の対応など、知的財産全般について弁理士が無料で相談に応じます。

  • 弁理士をさがす 弁理士ナビ

    お近くの特許事務所、弁理士を検索できます。各弁理士が得意とする法律領域、技術分野も掲載していますので、ぴったりの弁理士を探すことができます。