知財広め隊セミナー

開催地 : 富山県高岡市

申込は終了しました

特許・商標を活用して売上アップ!中小企業のための知財戦略入門講座



開催日 2018年9月 14日(金)14:00~17:00
会場 高岡商工ビル 802・803号室(富山県高岡市丸の内1-40) MAP
主催 日本弁理士会北陸支部、日本弁理士会
共催 一般社団法人 富山県発明協会
対象 中小企業関係者、一般、学生、自治体など
定員 30名
テーマ 「特許・商標を活用して売上アップ!中小企業のための知財戦略入門講座」
講師 大谷 嘉一 氏(弁理士)、藤井 俊一 氏(弁理士)
概要

 わが国の中小企業は、企業数の割合に対して出願件数の割合が極めて低く、中小企業において知的財産の保護・活用が十分に浸透していないという現状があります。
 そこで日本弁理士会では、昨年度「知財広め隊」を組織し、中小企業の経営者の方々に知的財産がビジネスに有効活用できることをご認識いただき、利用活用の促進を図ることに特化したセミナーを全国網羅的に行うことに致しました。
 本セミナーでは、「特許・商標を活用して売上アップ!~中小企業のための知財戦略入門講座~」と題して、知的財産の活用による成功事例及びその秘訣をご紹介するとともに、後半では富山県内の弁理士が参加する交流会(軽食有)を行いますので、自社の知財の発掘やブランド化・活用について直接相談できます。

 

・開会挨拶
  小林 陽一 氏(弁理士、日本弁理士会北陸支部副支部長)
・講演
 「特許・商標を活用して売上アップ!~中小企業のための知財戦略入門講座~」
  第1部 特許活用編:講師 大谷 嘉一 氏(弁理士)
  第2部 商標活用編:講師 藤井 俊一 氏(弁理士)
・交流会
・閉会



開催報告

 最初に、北陸支部副支部長の小林陽一弁理士が挨拶を行い、中小企業の特許出願の現状、知財広め隊の趣旨や意義などの説明が併せて行われた。

 セミナー「特許活用編」では、講師の大谷弁理士が開発段階から関わってこられた「ふしぎな調理器」の開発物語を特許出願と絡めてお話いただいた。調理器に関する一つのアイデアから始まり、調理器だけにとどまらず、その技術を応用した食パンなど新商品が次々に生まれ、多面的な特許保護がなされていることを説明された。これから知財戦略に取り組もうとされている中小企業の経営者にとって、非常に興味深い内容であったと思われる。

 セミナー「商標活用編」では、商標とはどういうものかといった基本的なことから、商標を出願・登録することで何ができるのか、昨今話題となっていたPPAPの商標のことまで、幅広く説明いただいた。商標の取得・活用を考えておられる中小企業の方にとって、大変有意義な内容であったと思われる。

 交流会では、冒頭、共催の富山県発明協会より平野治親会長のご挨拶を頂いた。交流会には多数の地元の弁理士も参加し、参加者との交流や意見交換も活発に行われ、一時間の交流会の時間はすぐに過ぎてしまい盛況のうちに終了した。



お問合せ先

日本弁理士会 事務局
経営・支援室 知財広め隊担当事務局

TEL:03-3519-2709
E-mail:chizai-hirome@jpaa.or.jp

  • まずは無料相談 知的財産無料相談会

    日本弁理士会では無料の知的財産相談室を常設しています。特許・実用新案・意匠・商標はもちろん、警告を受けた場合の対応、他社に模倣された場合の対応など、知的財産全般について弁理士が無料で相談に応じます。

  • 弁理士をさがす 弁理士ナビ

    お近くの特許事務所、弁理士を検索できます。各弁理士が得意とする法律領域、技術分野も掲載していますので、ぴったりの弁理士を探すことができます。