特許事例

VOCALOID

自然な歌唱音声の合成技術

ヤマハ株式会社が2003年に発表した「VOCALOID」は、同社が開発した歌声合成技術を応用したソフトウェアである。デジタル化した音声を加工して、人間の歌声に近い自然な歌唱音声を実現した画期的な技術であり、ユーザーが自ら作った曲にVOCALOIDで歌声を入れた楽曲(ボカロ曲)がインターネット上のサイトにアップされてカラオケ人気曲になるなど、音楽シーンに大きな変化をもたらした。

VOCALOID

開発の経緯

さまざまな楽器がデジタル化される中、同社では歌声の合成を研究してきた実績を踏まえて、2000年からスペインのポンペオ・ファブラ大学と共同研究に取り組んだ。
電子楽器のように、一般のユーザーがパソコンでの曲作りに利用できる、自然な歌声の入力ソフトウェアを目指した。
困難だったのは、実際の歌声の音素が変化する部分で切った素片を、どう接続したら滑らかに聞こえるか、素片の単位を決めることだった。最終的に、音素が変化する部分ではなく、伸ばし部分を加工することで歌詞の聞き取りやすさと自然な歌声に近づけることに成功した。
2007年にVOCALOID2を発売、ライセンス契約をしたクリプトン・フューチャー・メディア社から少女のキャラクターを設定して「初音ミク」が発売されたことで、爆発的なヒットとなった。さらに多言語に対応することで、世界の音楽シーンにも浸透している。随時バージョンアップされ、VOCALOID5まで進化している。

特許出願するには

知的財産権の活用

VOCALOIDではポイントとなる音声合成技術で特許を得ている。この技術を活かす事業化に当たり、他社が歌声ライブラリを開発できるように、ライセンスすることを決めた。このライセンスにより初音ミクをはじめとするVOCALOIDを活用したソフトウェアが次々に出て、多様なボカロ曲が生まれている。

  • まずは無料相談 知的財産無料相談会

    日本弁理士会では無料の知的財産相談室を常設しています。特許・実用新案・意匠・商標はもちろん、警告を受けた場合の対応、他社に模倣された場合の対応など、知的財産全般について弁理士が無料で相談に応じます。

  • 弁理士をさがす 弁理士ナビ

    お近くの特許事務所、弁理士を検索できます。各弁理士が得意とする法律領域、技術分野も掲載していますので、ぴったりの弁理士を探すことができます。