令和2年度 技術・ブランド・知的財産ビジネスプランコンテスト

令和2年度「技術・ブランド・知的財産ビジネスプランコンテスト」開催結果

<受賞者>

■日本弁理士会会長賞(1位)

応募者名 株式会社オシンテック(兵庫県神戸市)
https://www.osintech.net/
ビジネスプラン名 世界の法制プロセスを可視化する Rule Watcher
受賞理由 ビジネスに必要な各国の「ルール」に着目し、それをビジネス化する視点が斬新である。ビジネスモデルにおける「顧客」、ビジネスの前提となる「コミュニティ」の定義も明確であり、将来性が十分に期待できる。また、既に「Rule Watcher」の商標登録を出願済みであり、また、今後「情報解析エンジン」について特許取得を検討中であることから、知的財産を活用し、国際的にビジネスを展開しようとしている点を評価した。

■日本弁理士会特別賞(2位)

応募者名 株式会社ウェルナス(東京都)
http://wellnas.biz/
ビジネスプラン名 機能性野菜ナスで挑戦する健康実現
受賞理由 自らの研究成果であるナスの機能に基づいたビジネスを展開しており、知的財産によるビジネス保護も十分に行っている。単なるサプリメントの販売ではなく、AI食サービスと関連させたビジネスモデルも評価できる。疾病予防の領域は国際的にマーケットも大きく、今後の成長が期待できる。

■日本弁理士会奨励賞(3位)

応募者名 石川真理花(埼玉県越谷市)
https://www.dressers.work/
https://tokubetsu-shop.dressers.work/
ビジネスプラン名 ベビーのおしゃれな手形アートがいつでも気軽に作れる!
出産記念グッズの新ジャンル「うまれた手」
受賞理由 従来あった手形ビジネスにデザインアートを加えることで、新たなビジネスモデルを展開しており、マーケットの着眼点もよい。スマホ写真を送信するだけで商品ができあがる手軽さが魅力である。商標登録出願を行い、知的財産を用いたブランディングに注力しており、今後の成長が期待できる。

応募件数等

  • 応募総数:40件
  • 一次審査(書類審査)通過:9件
  • 二次審査(ピッチ審査)通過:3件

表彰式

主 催 日本弁理士会
後 援 経済産業省、特許庁、一般財団法人知的資産管理センター
日 時 令和3年2月26日(金)15:00~
会 場 弁理士会館からのオンライン配信
内 容
  • ・主催者挨拶
  • ・基調講演「知的資産経営とデータ利活用による経営力の強化」
    経済産業省 知的財産政策室 室長補佐 鬼塚 由佳 様
  • ・第7回知的財産活用表彰受賞者発表
  • ・令和2年度「技術・ブランド・知的財産ビジネスプランコンテスト」受賞者発表
  • ・受賞者によるプレゼンテーション動画・インタビュー
アーカイブ配信 https://www.youtube.com/watch?v=f12Rt3DVk9M&feature=youtu.be
※上記URLからYouTubeライブのアーカイブ配信でご覧いただけます。
  • まずは無料相談 知的財産無料相談会

    日本弁理士会では無料の知的財産相談室を常設しています。特許・実用新案・意匠・商標はもちろん、警告を受けた場合の対応、他社に模倣された場合の対応など、知的財産全般について弁理士が無料で相談に応じます。

  • 弁理士をさがす 弁理士ナビ

    お近くの特許事務所、弁理士を検索できます。各弁理士が得意とする法律領域、技術分野も掲載していますので、ぴったりの弁理士を探すことができます。