実用新案登録出願における弁理士の役割

実用新案登録出願におけるサポート

  • 相談・打ち合わせ・発明の抽出
  • 必要書類の作成
  • 出願後の対応

依頼内容をくみ取り、このような実用新案登録出願にかかる作業をサポートするのが弁理士の役割です。

実用新案登録出願までの流れ

  • 出願人
  • 弁理士
  • 特許庁

1相談・打ち合わせ

あなたがいいアイデアを思いついて実用新案を取りたいと思ったら、弁理士に相談しましょう。弁理士との打ち合わせでアイデアの内容を詳しく説明すると、実用新案登録の対象になるかどうかを弁理士が判断してくれます。

2出願書類作成

弁理士は、打ち合わせの内容に基づいて、特許庁に提出する出願書類を作成します。

3対応

出願書類が完成すると、弁理士が特許庁に出願手続きを行います。弁理士は、あなたに代わって特許庁に対して適切な出願手続きを行います。

4実用新案登録

適切な出願続きが行われると、実用新案を取得できます。

実用新案登録出願を弁理士に頼むメリット

  • 実用新案登録を取得する
    ポイントの明確化

    良いアイデアでも実用新案登録の対象にならない場合があります。打ち合わせを通じて、実用新案を取得するポイントが明確になります。

    01
  • 適切な出願書類の作成

    アイデアが良くても出願書類に不備があると、きちんと実用新案を取ることができません。出願書類を適切に作成するには、技術的な知識と法律的な知識とが必要です。弁理士はあなたに代わって適切な出願書類を作成します。

    02
  • 手続きの代理

    適切な出願手続きが行われないと、実用新案を取ることができません。弁理士に依頼すると、弁理士はあなたに代わって、特許庁に対して適切な出願手続きを行います。

    03
  • まずは無料相談 知的財産無料相談会

    日本弁理士会では無料の知的財産相談室を常設しています。特許・実用新案・意匠・商標はもちろん、警告を受けた場合の対応、他社に模倣された場合の対応など、知的財産全般について弁理士が無料で相談に応じます。

  • 弁理士をさがす 弁理士ナビ

    お近くの特許事務所、弁理士を検索できます。各弁理士が得意とする法律領域、技術分野も掲載していますので、ぴったりの弁理士を探すことができます。