ホーム > 弁理士とは

弁理士とは

特許、実用新案、意匠、商標などの知的財産のスペシャリスト。知っているようで知らない弁理士の仕事について解説しています。

JPAA Channel

 私たちの身の回りには、多くの新製品が毎日のように登場します。これらの新製品は、多くの「特許」によって保護されています。この「特許」という言葉は、正しくは「特許権」を意味し、このほか、「実用新案権」、「意匠権」、「商標権」があります。これら4つの権利を総称して「産業財産権」といいます。
この権利化に力を発揮するのが、法律と専門知識に精通した弁理士。
 発明したものや考えた商標が、すでに登録されていないかを調査したり、特許庁への出願手続を代理することなどが中心的な業務です。また、企業に対し、特許戦略や研究開発に関するコンサルティングなども行います。

弁理士の業務

 弁理士は、産業財産権に関わるすべての事務手続を代理することができる国家資格保有者です。いわゆる「特許事務所」は弁理士が仕事をする主な場所で、すべての弁理士は日本弁理士会の会員となっています。
 2002年の弁理士法の改正により、一部の民事訴訟については、弁護士と共同で代理人として訴訟をすることが認められました。今後は、産業財産権に関する紛争処理を含めた幅広い活躍も期待されています。

弁理士の歴史

 弁理士制度は、1899年に施行された「特許代理業者登録規則」から始まり、国家資格としても弁護士についで歴史のある資格です。1909年には、特許局への手続などは「特許弁理士」でなければ行えない旨が規定されました。その後、1921年に弁理士法が公布され、「特許弁理士」から現在の「弁理士」という呼び方となりました。

弁理士の仕事

 中心的な仕事は、
・特許・意匠・商標などの出願に関する特許庁への手続についての代理
・知的財産権に関する仲裁事件の手続についての代理
・特許や著作物に関する権利、技術上の秘密の売買契約、ライセンスなどの契約交渉や契約締結の代理
・特許法等に規定する訴訟に関する訴訟代理などです。これらの手続は、発明者が自分で行うこともできますが、大変複雑ですので、弁理士に依頼することをお勧めします。弁理士は依頼を受けると、権利取得・問題解決までの手続をすべて代理します。

弁理士になるには

 弁理士試験に合格する、司法試験に合格し弁護士になる、特許庁に入り、審判官(審査官)として、審判(審査)の事務に通年7年以上従事する、の3つがあります。ここでは弁理士試験についての情報を提供していますが、弁理士になるには、以上の3つのルートがあります。

弁理士ってなに

 弁理士は、優れた発明に与えられる特許やブランドマークを扱う商標などを専門的に扱う、知的財産に関する専門家です。例えば、身の回りの車やデジカメの多くは、特許権や商標権などの権利によって保護されています。それらの権利を取得するために必要な手続をすることが、弁理士の大きな仕事となります。