遺伝子関連特許についての「推定に基づく機能/有用性」事例検討 平成12 年度バイオ委員会(掲載日:2001年3月)

平成12年度バイオ委員会[2001年3月 掲載]

 平成12年度バイオ委員会では、別紙に記載した趣旨の下、遺伝子関連特許についての有用性に関して、下記の事例検討を行った

(1)検討対象:用途限定のない遺伝子に関する米国特許

1998~2000年に発行

ランダム(任意)に選択。

(2)検討内容:各特許の明細書における有用性*に関する記載の程度。

* 審査過程における出願人からの補足説明は未確認

(3)結果及び考察:別紙※のとおり

※「別紙」はPDFファイルをご覧下さい。

PDFファイル ダウンロード(19KB)

  • まずは無料相談 知的財産無料相談会

    日本弁理士会では無料の知的財産相談室を常設しています。特許・実用新案・意匠・商標はもちろん、警告を受けた場合の対応、他社に模倣された場合の対応など、知的財産全般について弁理士が無料で相談に応じます。

  • 弁理士をさがす 弁理士ナビ

    お近くの特許事務所、弁理士を検索できます。各弁理士が得意とする法律領域、技術分野も掲載していますので、ぴったりの弁理士を探すことができます。