知財広め隊セミナー

開催地 : 北海道札幌市

申込は終了しました

巡回特許庁in北海道併催イベント 知財広め隊セミナー~あなたの会社やお店に眠る知財の見つけ方~



開催日 2018年12月12日(水)14:30~15:30
会場 ACU-Y(北海道札幌市中央区北4条西4丁目読売北海道ビル3F) MAP
主催 日本弁理士会
対象 知的財産に興味のある方、知的財産を勉強したい方、等
定員 40名
テーマ 「あなたの会社やお店に眠る知的財産の見つけ方」
講師 大窪 智行 氏(弁理士、日本弁理士会北海道支部)、知財広め隊・隊員(弁理士)
概要

第一部では、知財の大まかな内容を知っていただいた上で、その見つけ方のコツを弁理士が具体例をあげてご紹介します。第二部では、グループに分かれて、知財の見つけ方を弁理士と一緒にワークショップ形式(模擬事例を準備)で体験していただきます。

 

・第1部 セミナー
     「あなたの会社やお店に眠る知財の見つけ方」
      講師:大窪 智行 氏(弁理士、日本弁理士会北海道支部)

・第2部 ワークショップ
     「弁理士と一緒に知財の見つけ方をケーススタディに沿って考えてみましょう」

 

★ ★ ★ ★ ★ 

 

同会場で特許庁、北海道経済産業局主催イベント「知財のミカタ~巡回特許庁in北海道~」が開催されます。
下記イベントページからお申し込みいただけますので、ぜひご覧下さい。

⇒「知財のミカタ~巡回特許庁in北海道~」



開催報告

 冒頭の一入章夫日本弁理士会北海道支部支部長の挨拶の後に行われた第1部のセミナーでは、知的資産や知的財産の種類等について初心者にもわかりやすい丁寧な説明があり、次いで特許、商標、意匠それぞれについて権利の内容、具体例、権利取得のフローなどについての解説があった。
 続く第2部のワークショップでは参加者3~4名と弁理士1~2名からなるグループを5つ作り、グループごとに弁理士及び参加者の自己紹介が行われた後、初心者向け仮想事例を用いどのような知的財産制度を用いてどのように保護が可能か、また複数の保護方法がある場合には互いの優先順位をどうすればいいかなどについて、活発な討議・意見交換が行われた。また、事例検討することで参加者が気付いた新たな疑問点についても意見が交わされるなど、事例の枠を超えた議論もなされていた。セミナーのみでは実感しづらい知的財産を事例を用いて議論し検討したことから、理解が深まったと思われる。



お問合せ先

日本弁理士会 事務局
経営・支援室 知財広め隊担当事務局

TEL:03-3519-2709
E-mail:chizai-hirome@jpaa.or.jp

  • まずは無料相談 知的財産無料相談会

    日本弁理士会では無料の知的財産相談室を常設しています。特許・実用新案・意匠・商標はもちろん、警告を受けた場合の対応、他社に模倣された場合の対応など、知的財産全般について弁理士が無料で相談に応じます。

  • 弁理士をさがす 弁理士ナビ

    お近くの特許事務所、弁理士を検索できます。各弁理士が得意とする法律領域、技術分野も掲載していますので、ぴったりの弁理士を探すことができます。