知財広め隊セミナー

開催地 : 広島県東広島市

知財広め隊がやってくる 「PATやってみた」ら「もうけの花道」に



開催日 2018年10月 10日(水)16:30~18:20
会場 広島大学東広島キャンパス 学士会館レセプションホール(広島県東広島市鏡山1-3-2) MAP
主催 日本弁理士会中国支部、日本弁理士会
共催 中国地域知的財産戦略本部
対象 中小企業関係者、大学関係者、学生、一般、自治体など
定員 30名
テーマ 「『PATやってみた』ら『もうけの花道』に」
講師 専徳院 博 氏(弁理士)、中国経済産業局 知的財産室、高橋 一平 氏(広島大学 産学・地域連携センター 知的財産部門 知的財産マネージャー)
概要

 わが国の中小企業は、企業数の割合に対して出願件数の割合が極めて低く、中小企業において知的財産の保護・活用が十分に浸透していないという現状があります。
 そこで日本弁理士会では、昨年度より「知財広め隊」を組織し、中小企業の経営者の方々に知的財産がビジネスに有効活用できることをご認識いただき、利用活用の促進を図ることに特化したセミナーを全国網羅的に行うことに致しました。
 本セミナーでは、ブランド・工業デザイン・特許(知的財産)の活用による成功事例や失敗事例をご紹介し、これまでこれらの法律にあまり詳しくなかった方にも、その有用性や活用方法をお伝え致します。
 当日は、地域の弁理士が大集合し、これら財産の活用が上手くまわるように、講演後に知財に関する疑問を弁理士が直接回答する、参加者と弁理士の少人数グルーピングによる座談会を開催します。
 また、中国経済産業局から国による知財施策の紹介、広島大学から大学での特許出願の流れについての紹介も併せて行います。

 

・開会挨拶
・「『PATやってみた』ら『もうけの花道』に」
  講師:専徳院 博 氏(弁理士)
・「知ってトクする知財施策の紹介」
  講師:中国経済産業局 知的財産室
・「広島大学における特許出願の流れと知財部門の紹介」
  講師:高橋 一平 氏(広島大学 産学・地域連携センター 知的財産部門 知的財産マネージャー)
・地域の弁理士との座談会「知財って、こんな感じ」
・閉会挨拶



お申し込みはこちら

お問合せ先

日本弁理士会 事務局
経営・支援室 知財広め隊担当事務局

TEL:03-3519-2709
E-mail:chizai-hirome@jpaa.or.jp