知財広め隊セミナー

開催地 : 新潟県新潟市

申込は終了しました

ぜひ知ってもらい隊!商標登録の基礎のキソ!~弁理士による無料商標調査の参加特典付き~



開催日 2018年10月2日(火)15:00~18:30
会場 新潟東映ホテル「白鳥の間」(新潟県新潟市中央区弁天2-1-6) MAP
主催 日本弁理士会北陸支部、日本弁理士会
対象 中小企業、個人事業主ほか(特に、はじめて商標権を取得しようと考えている方)
定員 40名
テーマ 「ぜひ知ってもらい隊!商標登録の基礎のキソ!」~弁理士による無料商標調査の参加特典付き~
講師 松浦 康次 氏(弁理士)、宮田 敦久 氏(弁理士)
概要

 ビジネスを展開している限り、業種にかかわらず必ず関係するのが「商標」です。商品名や屋号(店名)など、少なくとも1つは必ず使っているのではないでしょうか?
 そこで今回は、「はじめて商標権を取得しようと考えている方」を対象に、商標の基本的な知識を習得していただくセミナーを開催致します。
 併せて、その商標が果たして登録できるのか否か?知財の専門家である弁理士が、参加者の皆さまと交流しつつセミナー会場で簡易的な調査まで行います。
 このまたとない機会を利用して、是非商標権を取得してみませんか?

 

・開会挨拶
  吉井 雅栄 氏(弁理士、日本弁理士会北陸支部 支部長)
・セミナー第1部
 「商標を取るためには」(手続概要、他者類似商標への対応 等)
  講師:松浦 康次 氏(弁理士)
・セミナー第2 部
 「商標にかかわるトラブル・活用事例」(フランクミューラー事件等の世間で話題となった事例)
  講師:宮田 敦久 氏(弁理士)
・交流会
・閉会挨拶
  岩崎 博孝 氏(弁理士、日本弁理士会北陸支部)



開催報告

 最初に、北陸支部支部長の吉井雅栄弁理士が挨拶を行い、知財広め隊の趣旨や意義などの説明が併せて行われた。
 続くセミナーでは、第1部として商標制度の基本的な説明があり、第2部としては商標のトラブルや活用の事例を示し商標登録の具体的な意義や効果についての説明があった。特に第2部は世間的にも話題になった事例を数多く用いた説明であったため、参加者も大変興味深く聞き入っており、商標制度への理解が深まったと思われる。
 参加者は知的財産のほぼ初心者の方から中級者の方がほとんどであり、起業予定の方の参加もあった。当日受付も含めると定員を超える参加者となり大盛況であった。
 交流会では、知財広め隊初の試みとして、弁理士による個別の商標簡易調査を行った。事前予約の商標調査のみならず、その場で希望のあった知財個別相談を含めると10件以上の調査・相談があった。全体交流の場では、弁理士および参加者にマイクを回しながら意見交換や質問を受けるなど、参加者と弁理士の間で十分な交流が図れた。



お問合せ先

日本弁理士会 事務局
経営・支援室 知財広め隊担当事務局

TEL:03-3519-2709
E-mail:chizai-hirome@jpaa.or.jp

  • まずは無料相談 知的財産無料相談会

    日本弁理士会では無料の知的財産相談室を常設しています。特許・実用新案・意匠・商標はもちろん、警告を受けた場合の対応、他社に模倣された場合の対応など、知的財産全般について弁理士が無料で相談に応じます。

  • 弁理士をさがす 弁理士ナビ

    お近くの特許事務所、弁理士を検索できます。各弁理士が得意とする法律領域、技術分野も掲載していますので、ぴったりの弁理士を探すことができます。