知財広め隊セミナー

開催地 : 秋田県秋田市

申込は終了しました

「知財からはじまる!秋田発のものづくり」



開催日 2018年2月19日(月)15:00~18:00
会場 ルポールみずほ(秋田県秋田市山王4丁目2-12) MAP
主催 日本弁理士会東北支部、日本弁理士会
対象 中小企業関係者、一般、学生、自治体関係者
定員 30名
テーマ 「『ネットビックスプラス』の紹介」、「知財からはじまる!秋田発のものづくり」
講師 株式会社秋田銀行、弁理士 齋藤 博子 氏
概要

 知財は大企業のものと考えていませんか?決してそうではありません。知財は中小企業にこそ必要な道具です。知財を活用することによって、頭の中で考えていたアイデアが「カタチ」となり、周囲の人に思いが伝わり易くなります。特に、行政機関等にとっては、特許等 の取得がその会社の本気度を示すバロメータになります。
 本セミナーでは、北東北3大学の研究成果を活用し、新たなビジネスアイデアを生み出す仕組みであるネットビックスプラスについてご紹介します。また、知財を活用することによって行政機関等の支援を取り付け、ビジネスチャンスを掴んだ企業の事例をご紹介します。知的財産に興味はあるが良く分からないという中小企業関係者や支援機関の方にお勧めです。セミナー終了後の交流会では、普段話す機会の少ない地元の弁理士に何でも質問して頂き、知的財産の活用に取り組むきっかけを作って下さい。



開催報告

 最初に、共催の秋田銀行様から地域版TLO「ネットビックスプラス」を紹介して頂いた。ネットビックスプラスは北東北の大学と銀行が提携して産学連携を促進する事業であり、今後の取り組みに期待したい。
 次に、「知財からはじまる!秋田発のものづくり」をテーマに、地元企業の特許や実用新案の活用事例を交えて権利の取得から活用までの流れについて具体的な説明がなされた。対象企業の社長が出席され、実際の製品を持参して頂いたので、参加者に知財の活用を実感してもらうことができたのではないかと思う。
 交流会では、企業、県、大学の職員の方々が積極的に情報交換しており、秋田県の今後の知財普及の一助になったものと思われる。



お問合せ先

日本弁理士会 事務局
経営・支援室 知財広め隊担当事務局

TEL:03-3519-2709
E-mail:chizai-hirome@jpaa.or.jp