新たな発明、考案をした時 特許権、実用新案権の取得をお手伝いします | 社長の知財

新技術を発明しても、商品化に気をとられる!
中長期的に重要なのは特許権、実用新案権の取得です

人間誰しも、今まで世の中になかったものを生み出すと商品化したくなります。
また「よし、この商品で大きな売上を作ろう!」と欲も出てきます。
しかし、ちょっと待って下さい!その前にやるべきことがあるのです。

新たな発明や、考案をした時
弁理士は、特許権、実用新案権取得のお手伝いをします

長年の夢だった新技術の発明。従業員のアイディアから生まれた画期的な新商品。日常の企業活動にとって、これらはその会社が大きな成長を遂げる絶好のチャンスです。しかし、その気持ちの高ぶりのあまり、取るべき手続きを取らずに機会損失を生むケースが結構あります。

それは、「特許権」や「実用新案権」の取得です。

日々の業務の忙しさや権利取得の意識の低さなどから、なんとなくおざなりにされるパターンに陥ってしまうのです。その結果、資金も人も投入して実を結んだ新技術や新商品が競合他社に真似され、せっかくの事業飛躍のチャンスが無に帰すケースが発生します。

そうならないためには、まず弁理士にご相談下さい。

弁理士は、“知的財産に関する専門家”です。

相談を受けた弁理士は、以下の実務を担当します。

・相談を受けた技術内容を正確に把握します
・その技術を、特許権か実用新案権のどちらで権利化すべきか適切か判断します
・どのようにすれば、幅広い権利が取得できるかを検討します
・先行している他社の技術を調べ、自社の新技術・新商品の権利化の可能性を判断します
・権利化せずにノウハウとして保護することも視野に入れ、アドバイスします
・権利化することに決まった場合、出願書類を作成し、特許庁に出願手続きを行います

権利関係の手続きは、プロに依頼するのが一番安心です。弁理士は企業経営者の権利保護のプロとして、事業推進のサポートを致します。