<開催延期>金融と知財セミナー in 熊本「稼げるブランディングと知財の活かし方」を開催します

今般の新型コロナウイルス感染症拡大を鑑み、本セミナーの開催を延期させていただきます。ご予定していた方々におかれましては申し訳ございませんが、ご理解賜りますようお願いいたします。 なお、本セミナーにつきましては、今後の状況を見て改めて開催する予定ですので、日時等が決まり次第、改めてご案内させていただきます。 また、既に申込みいただいている皆さまには、別途ご連絡させていただきます。




日本弁理士会では、多岐にわたる有用性を持つ「知財」の活かし方を、中小企業をはじめとする皆さまに知っていただくべく、熊本銀行等との共催にてセミナーを開催いたします。



日時 令和2年3月2日(月) 14時〜17時(開場13時30分)    ※開催を延期します。
会場 くまもと県民交流館パレア 9階 会議室-1(熊本市中央区手取本町8-9) MAP
主催 日本弁理士会、日本弁理士会九州会
募集人員 120名(参加費無料、事前申込制)
対象 中小企業関係者、一般、学生、自治体など
講師 永島隆一氏(ブランディングプロデューサー・ディレクター/株式会社永島ブランディングファーム代表)、松井 宏記氏(弁理士)
プログラム

【開会挨拶】14:00~14:05

 日本弁理士会会長 清水善廣

【基調講演】14:05~15:15

 「知財を活用したブランディング戦略で、利益を出し続ける企業になる」

 講師:永島 隆一 氏              

-休憩-

【セミナー】15:25~16:35

「デザインの変革“ブランディングにデザインの権利が拡がる!”」 

 講師:松井 宏記 氏   

【質疑応答】16:35~16:55

【INPIT熊本県知財総合支援窓口からの説明】16:55~17:00

【閉会】17:00

 日本弁理士会九州会会長 丹生哲治

概要 永島 隆一氏 「知財を活用したブランディング戦略で、利益を出し続ける企業になる」

日本は世界一の商品成熟社会。その中で消費者にどう選ばれるか。

ブランディングとは何かという疑問をわかりやすく、事例を基に目的や期待できる効果など、ブランディングの手法やプロセス、ワールドワイドの企業がなぜブランドづくりやブランドマネジメントに力を注ぐかなども解説します。

すなわち強いブランドになり、価格競争からの脱却や社員やステークホルダーからの信頼を築くための「ブランディングのコツ」をお話ししたいと思います。

 

松井 宏記氏 「デザインの変革“ブランディングにデザインの権利が拡がる!”」

 

特許だけではない意匠権の権利を有効に使う知識と戦略をお伝えします。

4月より意匠法の大改正が行われます。今までの意匠権とは段違いの権利の拡大ができるようになります。商品の意匠に限らないので建造物や空間など意匠の対象が大きく拡大されますとともに、類似意匠の権利が連続して発生しますので、1つの意匠権から連続した類似意匠権が順次、つくられます。特許だけではない意匠権の権利を有効に使うための知識と戦略をぜひ勉強していただきたいと思います。


 

  • まずは無料相談 知的財産無料相談会

    日本弁理士会では無料の知的財産相談室を常設しています。特許・実用新案・意匠・商標はもちろん、警告を受けた場合の対応、他社に模倣された場合の対応など、知的財産全般について弁理士が無料で相談に応じます。

  • 弁理士をさがす 弁理士ナビ

    お近くの特許事務所、弁理士を検索できます。各弁理士が得意とする法律領域、技術分野も掲載していますので、ぴったりの弁理士を探すことができます。