【論文募集】月刊パテント「第24回知的財産権誌上研究発表会 」論文募集(2019年2月15日締切)

 第24回知的財産権誌上研究発表会も昨年に引き続き、誌上討論会として企画いたします。応募論文に対しては読者からの公開質問を受け付け、2019年9月号の本誌にて質問・回答を掲載致します。投稿論文においては、論文本文に加えて、討論対象となることを希望する論点を1~3点程付記してください。
 今回は、知的財産に関する議論(進歩性を中心に)と題して、テーマを広く募集します。進歩性のあり方の一考察、判例分析、技術水準の立証、先進国や新興国における進歩性比較、審査官に反論して有効だった成功談、実験結果の有効な活用法、先行技術調査・無効資料調査・侵害調査のノウハウ、等々、知的財産に関連する様々なテーマについて応募をお待ちしております。読者と一緒に議論を深めたい点についてどんどん御寄稿ください。

 

応募資格     知的財産の実務、研究に携わっている方

  (日本弁理士会会員に限りません。学生の方も大歓迎!)

  (論文は未発表のものに限ります。)

テーマ      知的財産に関連する議論(進歩性を中心に)


字数      14,000字まで厳守(引用部分、図表を含む)電子ファイルにて入稿

応募予告    2019年1月31日(木)まで

(予告は任意ですが、応募者多数の場合、応募予告者を優先します)
下記論文送付先まで、以下の情報をお知らせください。
①論文の題名(仮題で可)
②発表者の氏名・住所・職業・資格・勤務先・連絡先(TEL/E-mail)

原稿締切    2019年2月15日(金)
論文送付先   日本弁理士会広報室「パテント」担当

TEL:(03)3519-2361 E-mail:patent-bosyuu@jpaa.or.jp
〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-4-2


選考方法    広報センター会誌編集部にて審査します。

審査の結果、不掲載とさせていただくこともございます。

 

日本弁理士会広報センター
(パテント編集責任者)
副センター長 服部 博信
会誌編集部長 中村 恵子

  • まずは無料相談 知的財産無料相談会

    日本弁理士会では無料の知的財産相談室を常設しています。特許・実用新案・意匠・商標はもちろん、警告を受けた場合の対応、他社に模倣された場合の対応など、知的財産全般について弁理士が無料で相談に応じます。

  • 弁理士をさがす 弁理士ナビ

    お近くの特許事務所、弁理士を検索できます。各弁理士が得意とする法律領域、技術分野も掲載していますので、ぴったりの弁理士を探すことができます。