平成28年熊本地震被災地に義援金を寄付しました

 このたびの平成28年熊本地震により、亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された方々に対し、心よりお見舞い申し上げます。

 日本弁理士会では、被災地の一日も早い復興に役立てていただくため、救済募金を実施し、多くの会員の協力を得て、熊本県には8,555,000円、大分県には3,175,000円の募金を集めることができました。会員各位のご協力に感謝いたします。

 この募金は7月20日に弊会より副会長の須藤浩、九州支部長の岩永和久、同支部副支部長の土屋史彦、副支部長幹事の丹生哲治が大分県庁に訪問し、7月21日には副会長の須藤浩、九州支部長の岩永和久、同支部幹事の吉永純一が熊本県庁を訪問し、それぞれの県担当者にお渡ししました。

 被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます。


大分県福祉保健部 草野俊介部長に義援金(目録)をお渡ししました。

熊本県健康福祉部 古閑陽一部長へ義援金(目録)をお渡ししました。
  • まずは無料相談 知的財産無料相談会

    日本弁理士会では無料の知的財産相談室を常設しています。特許・実用新案・意匠・商標はもちろん、警告を受けた場合の対応、他社に模倣された場合の対応など、知的財産全般について弁理士が無料で相談に応じます。

  • 弁理士をさがす 弁理士ナビ

    お近くの特許事務所、弁理士を検索できます。各弁理士が得意とする法律領域、技術分野も掲載していますので、ぴったりの弁理士を探すことができます。