【中止】6月18日研修会「ダイナミックに変革する米国特許制度の現状と展望(大阪)」

本日開催予定の研修会「ダイナミックに変革する米国特許制度の現状と展望(大阪)」

ですが、地震の影響で開催を中止させて頂きます。

直前のご連絡となり申し訳ございません。

尚、今後の開催については未定となっております。

 

■演題・内容

 

「ダイナミックに変革する米国特許制度の現状と展望(大阪)」

 

■講師

 

David J. Kappos氏(Partner, Cravath, Swaine & Moore, 元米国特許商標庁長官)

Robert Stoll氏(Partner, Drinker Biddle, 元米国特許商標庁特許局長)

Teresa Rea氏(Partner, Crowell & Moring LLP, 元米国特許商標庁長官代行)

Prof. Michael Dzwonczyk氏(Partner, Sughrue Mion; George Washington Univ., Law School)

Matthew Smith氏(Partner, Smith Baluch LLP)

Teresa Summers氏(Partner, Summers Law Group)

弁理士 奥山 尚一 氏

 

■言 語

 英語(日英同時通訳)

 

■日時・会場

 

【大阪】定員130名

平成30年6月18日(月) 13:00 ~17:00 (休憩あり)

AP大阪梅田東 日本生命ビル B,C会議室 大阪府大阪市北区堂山町3-3 日本生命梅田ビル5F

 

[問合先]事務局研修課 佐々木

TEL 03-3519-2360 MAIL kaiin-kensyu@jpaa.or.jp