弁理士を志望される方へ

弁理士は知的財産に関する専門家として、企業や事業者の活動を支援し、産業と社会の発展に貢献しています。 国家資格である弁理士資格を取得し、知的財産の専門家として活躍してみませんか。

弁理士になるには

弁理士になるには、弁理士試験に合格し、実務修習を終了する必要があります。弁理士試験は年に1回おこなわれ、短答試験、論文試験、口述試験の3つの試験に合格する必要があります。

詳細はこちら

弁理士試験情報

弁理士試験の実施スケジュールや願書の提出方法については、特許庁Webサイトでご確認ください。

特許庁サイト「弁理士試験」

実務修習情報

弁理士試験に合格した方で弁理士登録を希望する方は、実務修習を受講する必要があります。実務修習は年に1回実施され、研修受講や課題提出が義務付けられています。

実務修習について

附属機関・専門委員会

日本弁理士会には研究活動を行う付属機関や専門委員会、広報活動を行う広報センター、知的財産に関する各種支援活動を行う支援センターなどが常設されています。各機関や委員会では弁理士が委員として活発に活動を行い、研究活動や社会との交流を通して、弁理士自身の成長や、視野を広げることに活かしています。弁理士になったら積極的に参加して、自身の世界を広げてみてください。委員は公募で、弁理士であれば誰でも応募可能です。

附属機関について