発明や考案について、鑑定・判定・技術評価をします | 社長の知財

意外と知られていない弁理士のお仕事とは?
企業経営にすぐに役立つ仕事内容をまとめてみました

企業経営に密接に結びついている弁理士のお仕事。
しかしその業務内容は、意外と世の中の経営者に知られていません。
有効活用することで自社が有利になる手続き満載のその仕事内容は、必見です!

発明や考案について、鑑定・判定・技術評価をします

弁理士は、あなたの代理人として発明や考案や意匠の範囲がどこまで及ぶか、商標が類似しているか否かについて、鑑定を行います。

また、このような事柄について、特許庁の見解を求めるため、あなたの代理人として判定請求を行います。

さらに、実用新案権は実質的に無審査で取得できる権利ですので、権利の有効性を確認するために、あなたの代理人として特許庁に対して技術評価請求を行います。

また、得られた技術評価書の内容について鑑定を行います。