新デザインなど、意匠権の取得をお手伝いします | 社長の知財

意外と知られていない弁理士のお仕事とは?
企業経営にすぐに役立つ仕事内容をまとめてみました

企業経営に密接に結びついている弁理士のお仕事。
しかしその業務内容は、意外と世の中の経営者に知られていません。
有効活用することで自社が有利になる手続き満載のその仕事内容は、必見です!

新デザインなど、意匠権の取得をお手伝いします

一般の経済活動において、重要視される要素がいくつかあります。

リーズナブルな価格設定、その商品を生産する企業の信頼性、そしてユーザーの嗜好を反映させたデザインです。

デザインは、その商品の競争力を支える重要なマーケティング要素であり、ヒット商品を生み出す大事な差別化ポイントです。

そのデザインの独自性を法的権利として保護するのが、意匠権です。意匠権が認められると、意匠登録されたデザインや、そのデザインに類似したデザインの商品を、意匠権侵害として排除することができます。

しかしその保護対象となるのは、大量生産を前提として創作された工業デザインで、一品物の美術品などは保護対象となりません。

みなさんの身の回りにある車や電化製品、時計、衣服などの独特のデザインは、意匠権で守られているケースが多いのです。

弁理士は、意匠権取得の相談を受けると、デザインのポイントを把握し、どのようにすれば広い権利が取得できるかを検討します。さらに、意匠の権利化を進めることが決まると、弁理士は出願書類を作成し、特許庁に対して出願手続を行います。