審判の請求をします | 社長の知財

意外と知られていない弁理士のお仕事とは?
企業経営にすぐに役立つ仕事内容をまとめてみました

企業経営に密接に結びついている弁理士のお仕事。
しかしその業務内容は、意外と世の中の経営者に知られていません。
有効活用することで自社が有利になる手続き満載のその仕事内容は、必見です!

審判の請求をします

拒絶理由が解消しないとして出願が拒絶された場合でこの拒絶処分に不服があるとき、他人の特許権が特許の要件を欠くもので特許を無効にする必要が生じたとき、あなたの特許権の一部に軽度の不備があってこれを訂正したいとき、あるいは、他人の商標権に関する商標登録を取り消す必要が生じたときなど、あなたの依頼を受けて、弁理士はその状況を適切に判断し、それぞれの目的に応じた審判の請求を行います。

もちろん、弁理士は、あなたの権利に対して審判が請求されたときにも必要な手続を行います。