新たな発明、考案をした時 特許権、実用新案権の取得をお手伝いします | 社長の知財

意外と知られていない弁理士のお仕事とは?
企業経営にすぐに役立つ仕事内容をまとめてみました

企業経営に密接に結びついている弁理士のお仕事。
しかしその業務内容は、意外と世の中の経営者に知られていません。
有効活用することで自社が有利になる手続き満載のその仕事内容は、必見です!

新たな発明、考案をした時 特許権、実用新案権の取得をお手伝いします

せっかく新技術を発明したり新商品を開発しても、その商品化や販促活動に気をとられて、「特許権」や「実用新案権」を取る手続きができないケースがたくさんあります。

その結果、資金も人も投入して実を結んだ新技術や新商品が他社に真似され、せっかくの事業飛躍のチャンスが無に帰すケースも多々あります。

そうならないためには、まず弁理士にご相談下さい。

弁理士は、“知的財産に関する専門家”です。

相談を受けた弁理士は、

・相談を受けた技術内容を正確に把握します

・その技術を特許権か実用新案権のどちらで権利化すべきか適切か判断します

・どのようにすれば幅広い権利が取得できるかを検討します

・先行している技術を調べ、その企業の新技術・新商品の権利化の可能性を判断します

・権利化せずにノウハウとして保護することも視野に入れアドバイスします

・権利化することに決まった場合、出願書類を作成し、特許庁に出願手続きを行います