拒絶理由通知対応、その他手続きをお手伝いします | 社長の知財

意外と知られていない弁理士のお仕事とは?
企業経営にすぐに役立つ仕事内容をまとめてみました

企業経営に密接に結びついている弁理士のお仕事。
しかしその業務内容は、意外と世の中の経営者に知られていません。
有効活用することで自社が有利になる手続き満載のその仕事内容は、必見です!

拒絶理由通知対応、その他手続きをお手伝いします

弁理士は、出願後の特許庁からの拒絶理由通知(登録できない理由が示された通知書)などに対し、専門的な検討を行い、その拒絶理由が解消するように適切な手続を取ります。

登録要件を欠く他人の商標が登録されたときは、弁理士はその登録に対してあなたを代理して登録異議の申立を行います。

これは出所混同が生じるような紛らわしい複数の商標が登録されるのを阻止するための重要な手続です。

一方、あなたの商標が登録されたときに、異議の申立を受けることがあります。

このような場合、弁理士は申立の理由を詳細に検討し、手続可能な機会に必要な手続(意見書の提出など)を行います。

また、特許権、実用新案権、意匠権、商標権又はそれらの実施権や使用権についての登録、移転、変更などの適切な手続を取ります。