ロゴ、マークなどの商標権の取得をお手伝いします | 社長の知財

意外と知られていない弁理士のお仕事とは?
企業経営にすぐに役立つ仕事内容をまとめてみました

企業経営に密接に結びついている弁理士のお仕事。
しかしその業務内容は、意外と世の中の経営者に知られていません。
有効活用することで自社が有利になる手続き満載のその仕事内容は、必見です!

ロゴ、マークなどの商標権の取得をお手伝いします

商標とは、その商品の販売元を明確に消費者に伝えるための文字や図形、記号やそれらを組み合わせた立体的形状です。

平成26年度からは商標法改正により、色彩からなる商標、音商標、位置商標など、これまで商標として登録保護できなかったものについても登録が可能になりました。

商標権者には登録商標を独占的に使用する権利が与えられます。また、商標権は登録されてから10年間有効で、しかも何度も更新が可能なため、事実上商標権は永続的な権利といえます。

それほど強い力を持った権利だけに、一般的に使われている普通名称は「公共の共有財」と見なされ、商標登録することはできません。

弁理士は、商標権取得の相談を受けると、ヒアリングを行い、出願書類において指定する必要がある、その商標を使用する商品や役務についてアドバイスを行います。また、弁理士は相談者の希望に応じてその商標及び指定商品や指定役務について事前調査を行い、権利化の可否や、相談者がその商標を使用した場合に他者の商標権を侵害しないかについて検討します。商標の権利化を進めることが決まると、弁理士は出願書類を作成し、特許庁に対して出願手続を行います。