他社の商標権を確認せず商品名を決定し、チラシや商品を作成してしまった! | 社長の知財

特許や意匠の取得にまつわるあるあるシーン
あなたも知らず知らずのうちにやっていませんか?

画期的な発明や斬新なデザインを創作しても、他の企業に無断で利用されては意味がありません。
しかし実際には、そんなケースが結構あるのです。
そんな陥りやすい事例を、集めてみました。是非自社のチェックに活用下さい。

他社の商標権を確認せず商品名を決定し、チラシや商品を作成してしまった!

スポーツ用品を製造販売する中小企業でのお話です。

どんなに暑くても、どんなに汗をかいても、靴の中が蒸れないランニング用シューズを開発し、その商品名を「MUREZUN」に決定しました。

これは売れる!と確信し、チラシを大量に刷り、商品名入りのシューズを5000足製造しました。そして目玉商品として売り込みを開始しようとした時、テレビのニュースで商標ブローカーの特集を見たのです。

社長は不安になり、急遽知り合いのつてで弁理士を紹介してもらい、商標調査を依頼しました。

すると25類「履物及び運動用特殊靴」を指定商品として「ムレズん」の登録があり、弁理士からは、「MUREZUN」の使用はその登録商標の商標権侵害に該当するため、商品名の変更を勧められる状況になったのです。

商品名を変更するとなると、チラシや商品名入りで製造した5000足のシューズを廃棄する事態となり、大赤字になってしまいます。さて、どうする!?

商標登録から3年経過しておらず(不使用取消審判の請求不可)、最近相手の企業は実際に商品の販売を開始しているようです。そのため、交渉に応じる可能性が低いと予想されます。