研究成果

日本弁理士会では、知的財産に関する専門委員会や附属機関を設置して、常に調査研究を行っています。
その研究成果は会員に報告するだけでなく、テーマや内容によってはホームページを通じて公表しています。

  • 遺伝子関連特許についての「推定に基づく機能/有用性」事例検討 平成12 年度バイオ委員会(掲載日:2001年3月)

    詳細はこちら
  • ビジネスモデル特許の現状と課題 平成12年度ソフトウェア委員会(掲載 日:2000年2月)

    詳細はこちら