特許制度の在り方(進歩性、特許法第36条)についての研究報告(掲載日 2007年5月31日)

平成18年度特許委員会では、特許制度の在り方(進歩性、特許法第36条)についての調査研究を行い、

(1)特許制度のあり方(進歩性)の調査研究「進歩性の判断は如何にあるべきか」(“疑わしきは進歩性有り”か?等)

(2)サポート要件に関する調査研究

としてとりまとめました。

 

全文ダウンロード[PDF形式/1.21MB]