月刊パテント8月号

「パテント」2014年8月号目次

 

項目(分類) 題名(タイトル) 著者
今月のことば 私の目指す弁理士像2 日本弁理士会副会長 高橋 英樹 2014 8 1
正副会長の活動状況 会務報告 日本弁理士会副会長 吉村 俊一 2014 8 3
  特集《 著作権 》       
紹介 著作権特集にあたって 会員・平成25年度著作権委員会委員長 野田 薫央 2014 8 5
解説 「著作権実務Q&A」の作成と各支部における研修会の報告 平成25年度著作権委員会 第2部会 2014 8 7
論考 知っておきたい最新著作権判決例 平成25年度著作権委員会 第3部会 2014 8 16
論考 「コミケ」と著作権 平成25年度著作権委員会 第4部会 2014 8 37
解説 ご当地キャラクターの活用とその課題 平成24年度著作権委員会 第4部会 2014 8 47
紹介 アジア諸国における工業製品についての著作権による保護 平成25年度貿易円滑化対策委員会 第1部会第1グループ 2014 8 55
解説 香港における工業製品の意匠保護:著作権と登録意匠 香港弁護士 Andrea Fong 2014 8 56
解説 マレーシアにおける工業製品に対する著作権保護 マレーシア弁護士 Linda Wang 2014 8 61
解説 フィリピン 著作権による保護 対 意匠による保護 フィリピン弁護士 Editha R. Hechanova 2014 8 67
解説 タイにおける工業製品の著作権保護 タイ弁護士・博士 Satyapon Sachdecha 2014 8 74
           
解説 台湾商標法実務の動き―損害賠償の計算について― 台湾弁護士 林 發立
劉 彦君(訳)
2014 8 78
論考 大学の研究と職務発明制度 会員・札幌医科大学医学部教授 石埜 正穂 2014 8 83
論考 技術の標準化とFRAND条項について 早稲田大学大学院法学研究科博士課程高林研究室 蔡 万里 2014 8 90
  ≪第19回知的財産権誌上研究発表会「質疑応答の部」≫    
論考 「時機に後れた攻撃防御方法の却下と公知文献調査」への意見 会員 角田 朗 2014 8 104
論考 「時機に後れた攻撃防御方法の却下と公知文献調査」へのご意見に対する回答及び補足説明 会員 乾 智彦 2014 8 106
  ≪東京弁護士会知的財産権法部連載企画≫       
紹介 審判の現状と課題 特許庁審判部審判課審判企画室長 伏本 正典 2014 8 111

    

 

【ご利用いただくにあたって】

(1) 記事本文PDFファイルの掲載は、著者の承諾を戴いたもののみです。

(2)各月号の掲載開始は、パテント誌発行月から2ヵ月後の月初めとします。

(3)それぞれの記事・写真に係る著作権は著者に帰属し、パテント誌の編集著作権は、日本弁理士会に帰属します。

(4)著作権、プライバシー、名誉、肖像権その他の権利を侵すような利用を禁じます。このPDFファイルに収録されたデータの全部または一部を、複製、蓄積、翻案、翻訳、出版、送信、頒布および改変する等、著者、日本弁理士会及び第三者の権利を侵害する利用は一切できません。

(5)パテント誌掲載記事は、日本弁理士会としての公式見解、統一見解を示すものではありません。

(6)掲載URL(アドレス)は予告無く変更することがあります。