第1回公開フォーラム(2003年7月1日)

第1回公開フォーラム

<日   時>  平成15年7月1日(火)13:20 ~ 16:50
<会   場>  弁理士会館3階会議室
<参加者数>  286名
<発表内容> 
●テーマ1: 「クレーム解釈をめぐる最近の動向」
講 師 : 早稲田大学法学部教授  高林 龍 氏
内 容 : 権利者と侵害者(と呼ばれる者)双方に納得の行くクレーム解釈論の確立を目指している本部会での研究経過について
●テーマ2: 「バイオテクノロジーと法的保護」
講 師 : バイエル薬品(株)中央研究所 弁理士  高山周子 氏
内 容 : バイオテクノロジーの研究の流れと特許に関する問題の経緯概略、及びゲノム創薬に関連する発明とその問題点について
●テーマ3: 「21世紀の知的財産戦略」
講 師 : 東京大学法学部教授  中山信弘 氏
内 容 : 現在、知的財産戦略会議を中心に進行中の知的財産制度改革の内容と、なぜ今改革が 必要なのか、その改革の意義、留意点等について

※肩書きについては、公開フォーラム開催当時のものです。