第2回公開フォーラム(2004年7月1日)

第2回公開フォーラム

<日   時>  平成16年7月1日(木)13:00 ~ 17:00
<会   場>  全社協 灘尾ホール
<参加者数>  406名
<発表内容> 
●テーマ: 「これからの知的財産法を考える」
講 師 : 一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授  相澤英孝 氏
内 容 : 知財高裁から自動公衆送信、ユニクロ、データベース保護と広範囲に渡り、講演戴いた。
●テーマ2: 「物のパブリシティの権利-馬名にパブリシティの権利を認めるかどうか-」
講 師 : 弁理士・(株)東芝 知的財産部  外川英明 氏
内 容 : 最近の裁判例を対比引用しながら、わかりやすく判断理由が説明された。
●パネルディスカッション: 「クレーム解釈論」
コーディネータ : 早稲田大学法学部・大学院法務研究科教授  高林 龍 氏
パネラー : 弁護士、松本法律事務所  松本直樹 氏
弁理士、津国特許事務所  津国 肇 氏
弁理士・弁護士、青木・関根・田中法律事務所  田中成志 氏
弁理士、田代・江藤特許事務所  江藤聡明 氏
内 容 : どのようなクレームが権利化と権利行使に有効かについて、研究部会と同様の形式で、議論が展開された。

※肩書きについては、公開フォーラム開催当時のものです。