2010年度実施のプロジェクト

■米国判例セミナー(平成22年4月7日、弁理士会館)
米国判例セミナー(KSR判決以降の米国における非自明性(進歩性)の判断について、CAFC判決を中心に)

■欧州特許セミナー(平成22年9月7日、弁理士会館)
 2010年9月30日に経過期間が満了する分割手続きや情報提供制度の実務現場などに関するEPC実務改正及び最近のドイツの判例とその実務に与える影響について(日英同時通訳)。

■ACPAA(中華全国専利代理人協会)代表団による講演会(平成22年9月17日、札幌グランドホテル)

■インド特許制度セミナー(日時:平成22年9月、場所:弁理士会館)ほか