ホーム > 過去の情報 > 2006年のTOPICS > [研修所]「中小・ベンチャーの開発業務と特許とのかかわり」

[研修所]「中小・ベンチャーの開発業務と特許とのかかわり」

日本弁理士会 研修会

「中小・ベンチャーの開発業務と特許とのかかわり」
講師  吉田 芳春 氏(弁理士)

■日時 2006年3月6日(月)13:00~16:00
■会場 秋葉原コンベンションホール
(東京都千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル2階)
■対象 会員及び一般(300名)
■参加費 無料
■主催 日本弁理士会 研修所・知的財産支援センター・アキバウイング運営委員会
概要 秋葉原コンベンションホール
地図を拡大(別窓)
中小・ベンチャー企業の技術が必ずしも強い特許に結びつきません。また、技術開発の方向性が正しくないことも見受けられますので、効率的な開発と特許との関係を中心にお話します。
1. 開発業務での留意点
(人的物的な技術流出、共同開発など)
2. 開発のヒントの探し方
(基本姿勢・失敗例・成功例など)
3. 開発と特許との関連
(市場欲求確認・商品化・特許出願の仕方や時系列など)
4. 中小・ベンチャー企業に対する接し方
(制度や費用等の説明・発明の拡大など)

お申し込み方法
一般の方で参加を希望される方は、参加申込書(PDF形式)を印刷、必要事項をご記入の上、事務局あてにFAX又は郵送してください。受付後、参加証を送付いたします。

●お申込み・お問合せ先
日本弁理士会研修所 事務局
〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-4-2 電話(03)3519-2360 FAX(03)3581-1205